メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > 住まい > 老朽空き家の解体費用を補助します

老朽空き家の解体費用を補助します

更新日:2022年04月15日

建物などの所有者は、その建物などが原因で他人に損害を及ぼした場合、賠償責任を負うことになります。このようなリスクを回避するために、自分の建物などの状態をしっかり把握し、早めに対策することが必要です。市では、倒壊や部材の落下のおそれがあるなど、危険な空き家等の解体を促進するため、家屋の解体費用の一部を補助します。

申請期間

5月9日(月曜日)から7月8日(金曜日)

補助対象者(申請者)

市内にある老朽空き家等の所有者

補助対象家屋

昭和56年5月31日以前に建築された老朽空き家等で、倒壊や部材の落下のおそれがあるなど、本市で定める要件を満たすもの(その他要件有)

補助金額

解体に要した額の3分の1以内(上限30万円)

  • 申請・交付決定前に解体工事に着手している場合や、自分で行う解体工事は対象外
  • 登記されていない家屋の解体工事は対象外

補助申請等の手続き

申請前に手続きの流れや注意事項について、確認してください。
交付決定された方の補助金請求は、令和5年2月末までに完了してください。

参考

様式

このページに関する問い合わせ先

都市再生部 都市再生課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-9777
ファクス番号:0940-37-1242

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。