メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業・まちづくり > 産業 > 商工業 > セーフティネット保証5号制度について

セーフティネット保証5号制度について

更新日:2021年7月1日


「セーフティネット保証5号制度」とは、業況の悪化している業種を指定し、当該業種に属する事業を行う中小企業者であって、経営の安定に支障が生じていることについて、市区町村長の認定を受けた中小企業者を対象に、信用保証協会が借入額の80%を保証(一般保証とは別枠化)する制度です。

詳しくはこちらをご覧ください:中小企業庁ホームページ(外部サイトにリンクします)

 

指定業種について

セーフティネット保証5号の対象業種として、日本標準産業分類(平成25年10月改定)の細分類にて指定されています。
詳しくは こ中小企業庁「セーフティネット保障5号について」(外部サイトにリンクします)でご確認ください。
 

認定対象者

  • 法人の場合:宗像市内に主たる事業所(登記の本店所在地)がある中小企業者
  • 個人の場合:宗像市内に主たる事業所がある中小企業者(市外居住者も含まれます)

認定要件

国の指定業種で以下のイ、ロいずれかの要件等を満たす中小企業者
 

イ)売上高の減少

最近3ヶ月間の売上高などが、前年の同時期に比べて5%以上減少していること。

  1. 1つの指定業種のみを営む場合【認定申請書(イー1)】
  2. 2つ以上の事業を営む場合で、全て指定業種を営む場合【認定申請書(イー1)】
  3. 2つ以上の事業を営む場合で、主たる事業(最近1年間の売上高が最も大きい事業)が指定業種に該当する場合【認定申請書(イー2)】
  4. 2つ以上の事業を営む場合で、1以上の指定業種(主たる事業でなくても可)を営む場合【認定申請書(イー3)】

新型コロナウイルス感染症に係る要件緩和により、直近1か月の売上高等とその後の2か月間の売上高等見込みを含む3か月間の売上高等で比較することができます。様式イー4、イー5、イー6が必要な方は商工観光課までご連絡ください。

  • 1つの指定業種のみを営む場合、2つ以上の事業を営む場合で、全て指定業種を営む場合【認定申請書(イー4)】
  • 2つ以上の事業を営む場合で、主たる事業(最近1年間の売上高が最も大きい事業)が指定業種に該当する場合【認定申請書(イー5)】
  • 2つ以上の事業を営む場合で、1以上の指定業種(主たる事業でなくても可)を営む場合【認定申請書(イー6)】

ロ)原油価格の上昇

製品等原価のうち、20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、製品価格等に転嫁できていないこと。

注:詳細はお問合せください。

申請に必要な書類等

  1. 認定申請書
    下記関連ファイルよりダウンロードできます。
    (注)プリントアウト時には、必ず片面印刷を行い、両面印刷はしないでください。また、商工観光課の窓口でも配布しています。
  2. その他必要書類等
令和3年4月1日より、申請者の押印は不要となりました。
  • 指定業種が確認できる書類
    履歴事項証明書や個人事業の開業届出書の写し、会社パンフレットなど
  • 申請書に記載の売上高が確認できる書類
    売上台帳や試算表の写しなど
  • 委任状(代理申請のみ)
    申請者本人以外が申請する場は委任状の提出が必要

このページに関する問い合わせ先

産業振興部 商工観光課
場所:市役所北館2階
電話番号
 商工係、観光係:0940-36-0037
 産業政策室推進係:0940-36-9039

ファクス番号:0940-36-0320

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。