メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税(種別割)の減免

軽自動車税(種別割)の減免

更新日:2022年05月13日

身体障がい者本人か同居する人が所有している軽自動車などで、障がい者の通院・通学などのために使用するものは、障がい者1人につき1台のみ軽自動車税(種別割)を減免します。
また、公益のために使用する車両や、身体障がい者が利用するための構造をもつ車両についても軽自動車税(種別割)を減免します。
減免を同一車両で前年に引き続き申請する人は郵送でも受け付けます。新型コロナウイルス感染症拡大の防止のため、郵送での申請にご協力をお願いします。

軽自動車税(種別割)の減免申請

受付期間

5月2日(月曜日)から5月31日(火曜日)まで

身体障害者等減免の条件

1身体障がい者等本人が自動車を所有し、自ら運転する場合。または通学・通院等に使用するため、身体障がい者等本人と生計を同じくする者が運転する場合。

2身体障がい者本人と生計を同じくする者が所有し、同一世帯員または障がい者等本人が運転する場合。

3身体障がい者等のみで構成される世帯に限り、身体障がい者等本人が自動車を所有し、通学・通院等に使用するため市が常時介護証明を発行し、常時介護する者が運転している場合。



1.身体障がい者等の減免

  •  身体障害者手帳・戦傷病者手帳の交付を受けている人

手帳の種類 身体障害者手帳 戦傷病者手帳
障害の区分 本人運転 生計同一者、常時介護者の運転 本人運転 生計同一者、常時介護者
障害の等級 障害の等級 障害の等級 障害の等級
視覚障害 2級の3
2級の4
3級の3
3級の4
1級から3級、
 4級の1
特別項症から第4項症までの各項症
聴覚障害 2級と3級 特別項症から第4項症までの各項症
平衡機能障害 3級 特別項症から第4項症までの各項症
音声機能障害 3級 特別項症から第2項症までの各項症
上肢不自由 1級と2級 特別項症から第3項症までの各項症
下肢不自由 1級から6級 1級から4級 特別項症から第6項症までの各項症及び第1款症から第3款症 特別項症から第3項症までの各項症
体幹機能障害 1級から3級、
5級
1級から3級 特別項症から第6項症までの各項症及び第1款症から第3款症 特別項症から第4項症までの各項症
乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害 上肢機能 1級と2級 なし
移動機能 1級から6級 1級から4級 なし
心臓機能障害 1級と3級 特別項症から第3項症までの各項症
じん臓機能障害 1級と3級 特別項症から第3項症までの各項症
肝臓機能障害 1級から3級 なし
呼吸器機能障害 1級と3級 特別項症から第3項症までの各項症
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級と3級 特別項症から第3項症までの各項症
小腸の機能障害 1級と3級 特別項症から第3項症までの各項症
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級から3級 なし

 

  •  療育手帳の交付を受けている人
障害の区分 本人運転
障害の等級
生計同一者、常時介護者の運転
障害の等級
知的障害 A・A1・A2・A3・B1 左に同じ
 
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
障害の区分 本人運転
障害の等級
生計同一者、常時介護者の運転
障害の等級
精神障害 1級 左に同じ

手続きに必要なもの

  • 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれか

  • 運転免許証

  • 令和4年度軽自動車税(種別割)納税通知書

  • マイナンバーカードや通知カードなど、個人番号が確認できるものの写し(紛失した場合はなくても受け付けます。)

  • 委任状(代理人が申請する場合)など
     

    • 納税通知書は、4月末ごろ発送予定
    • 普通自動車で減免を受けている人は対象外

普通自動車の減免は、東福岡県税事務所 (電話番号:092-641-0236)に問い合わせを


2.公益のため直接専用するものと認めるもの(公益減免)

  • 社会福祉法人宗像市社会福祉協議会が所有し、「介護保険要介護認定事業」等の市の委託事業の用に供する軽自動車
  • 社会福祉法第22条に定める社会福祉法人で、次に掲げる社会福祉事業を行うものが所有し、社会福祉事業の用(入所者又は通所者の送迎の用に供するものを含む。)に供する軽自動車。
  1. 社会福祉法第2条第2項第一種社会福祉事業
    第3号(老人福祉法に規定する養護老人ホーム、特別養護老人ホーム又軽費老人ホームを経営する事業)
    第4号(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に規定する障害者支援施設を経営する事業)
  2. 社会福祉法第2条第3項第二種社会福祉事業
    第4号(老人福祉法に規定する老人居宅介護事業、老人デイサービス事業、老人短期入所事業、小規模多機能型居宅介護事業、認知症対応型老人共同生活援助事業又は複合型サービス福祉事業及び同法に規定する老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、老人福祉センター又は老人介護支援センターを経営する事業)
    第4の2号(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第5条に規定する障害福祉サービス事業、一般相談支援事業、特定相談支援事業又は移動支援事業及び同法に規定する地域活動支援センター又は福祉ホームを経営する事業)

  • 障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第5条に規定する障害福祉サービスを行う特定非営利活動法人が所有し、本来の事業の用に供する軽自動車。

手続きに必要なもの


  • 法人登記謄本の写し、指定通知書の写し、設立認証通知の写しのいずれかひとつ
  • 令和4年度軽自動車税(種別割)納税通知書



3.その構造が専ら身体障がい者等の利用に供するためのもの(構造減免)

  • 車いす昇降装置等、身体障がい者等の利用に供するための構造を有しているもの。

手続きに必要なもの

  • 当該軽自動車の写真(特殊構造部分とナンバーが写ったもの)
  • 令和4年度軽自動車税(種別割)納税通知書
  • 車検証の写し
  • 個人が申請する場合、マイナンバーカードや通知カードなど、個人番号が確認できるものの写し(紛失した場合はなくても受け付けます。)
  • 委任状(代理人が申請する場合)など


減免申請を郵送で受け付けます


新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、原則として同一車両につき昨年以前から引き続いて減免を申請される方について、郵送でも申請を受け付けます。(初めての申請の方で郵送申請を希望される方はご相談ください。)

申請期限

令和4年5月31日【必着】


減免の決定は、6月上旬になります。減免決定通知及び車検用納税証明書を郵送しますのでご確認ください。
また、新型コロナウイルス感染症の影響で期限中に申請できない方は、事前にお問い合わせください。


郵送していただくもの

  • 減免申請書
  • 令和4年度軽自動車税(種別割)納税通知書
  • 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかの写し(顔写真がついている面と、障害のある部分や等級の記載がある面の写しが両方必要です。)
  • 車両を運転する人の運転免許証の写し
  • マイナンバーカードや通知カードなど、個人番号が確認できるものの写し(紛失した場合はなくても受け付けます。)
公益減免、構造減免に関しても受け付けています。詳しくはお問い合わせください。

郵送申請のあて先

〒811-3492
宗像市東郷1丁目1番1号
宗像市税務課固定資産税係
電話番号:0940-36-7351(直)

 

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 税務課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民税係:0940-36-7350
 固定資産税係:0940-36-7351
ファクス番号:0940-36-2831

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。