メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 目的でさがす > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種)について

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種)について

更新日:2022年4月1日

子宮頸がんは、子宮の入り口付近にできるがんです。現在、日本では毎年約1万1,000人の女性が子宮頸がんにかかり、約3,000人が亡くなっています。また、若い世代で子宮頸がんにかかる人が増え、30代までにがんの治療で子宮を失ってしまう人は約1,200人います。この子宮頸がんの原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)です。子宮頸がん予防への対策として、「HPVワクチンを受けること」「定期的に子宮頸がん検診を受けること」が大切です。

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは定期予防接種として受けられます

HPVワクチンは、平成25年より定期予防接種として開始しましたが、ワクチンとの因果関係が明確ではないものの、接種後の副反応の報告が相次いだことにより、同年6月より積極的勧奨を差し控えていました。しかしながら、国の検討部会にて、HPVワクチンの安全性について、特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、積極的勧奨を再開しました。
また、積極的勧奨差し控えの期間に、定期予防接種を受けていない女性に対しても、一定の期間に予防接種法に基づく接種ができる体制(キャッチアップ接種)を行うことが決まりました。これを受けて宗像市でも予診票の個別送付やキャッチアップ接種の案内などを行います。

 

定期予防接種の対象年齢と接種方法(接種は原則、保護者の方の同伴が必要です。)

  • 小学6年生から高校1年生の女子(標準的には中学1年生で接種開始)
  • 接種期限:高校1年生相当の3月31日まで
  • 令和4年度の公費対象期間延長対象:中学3年生は高校2年生相当の3月31日まで。高校1年生相当は高校3年生相当の3月31日まで。
  • ワクチンの種類:2種類あります。(サーバリックス(2価ワクチン)、ガーダシル(4価ワクチン))
  • 接種回数:3回接種                1回目に接種したワクチンと同じワクチンで、3回接種をします。接種期間は、半年から1年かかります。
  • 必要なもの:母子健康手帳、HPVワクチン予診票(市から4月中旬以降順次送付)予診票は、令和4年1月末の時点で、宗像市に子宮頸がん予防接種の接種記録が1回もない方に送付します。
  • 定期予防接種対象者は、公費(無料)で接種することが出来ます。 (対象者以外の方で接種を希望される方は、全額自己負担となります。接種費用は、3回接種で約4~5万円です。)

キャッチアップ接種の対象年齢と接種方法

  • 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
  • 接種期限:令和7年3月31日まで
  • ワクチンの種類:2種類あります。(サーバリックス(2価ワクチン)、ガーダシル(4価ワクチン))
  • 接種回数:3回接種                1回目に接種したワクチンと同じワクチンで、3回接種をします。接種期間は、半年から1年かかります。
  • 必要なもの:母子健康手帳、HPVワクチン予診票(市から5月下旬以降順次送付)予診票は、令和4年4月末の時点で、宗像市に子宮頸がん予防接種の接種記録がない方、接種対象者のうち3回目までの接種が終了していない方に送付します。
  • キャッチアップ接種対象者は、公費(無料)で接種することが出来ます。 (対象者以外の方で接種を希望される方は、全額自己負担となります。接種費用は、3回接種で約4~5万円です。)
  • 積極的勧奨を差し控えていた時期に自費で接種した人の払い戻しの方法は、予診票を送付する際の同封のお知らせでご確認ください。
  • ご転入や紛失などで予診票をお持ちでない方は、こちらより電子申請が可能です。https://logoform.jp/form/ij37/107930 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンを接種したいと思ったら

   ワクチンによるHPV感染予防の効果がより期待出来るのは、初めての性交渉の前です。すべてのワクチンの接種には、効果とリスクがあります。まずは、子宮頸がんとHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン、子宮頸がん検診について知ってください。かかりつけの医師または子ども家庭課子ども保健係にもお尋ねください。接種ができる医療機関は、下記関連ファイル(令和4年度予防接種指定医療機関(小児))をご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A(厚生労働省ホームページへ移動します)

ワクチン接種の効果

  HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは、子宮頸がんの原因の50%から70%を占める2つのタイプ(HPV16型と18型)のウイルスの感染を防ぐワクチンです。HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種により、がんの前段階の病変(がんになる手前の状態)への罹患リスクを90%以上減らすことができると報告されており、子宮頸がんの予防も期待されています。

ワクチン接種後に起こる症状

  HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは接種により、注射部位の一時的な痛み・腫れなどの局所症状が約8割の方に生じています。また、注射時の痛みや不安をきっかけに、失神があらわれることが報告されています。接種後30分程度は安静にして様子を見るようにしてください。また、まれに重い症状として、アナフィラキシー症候群(呼吸困難、じんましんなど重いアレルギー)、ギラン・バレー症候群(手足の力が入りにくい)、ADEM(急性散在性脳脊髄炎)等が報告されています。 接種後に症状が生じた方に対する相談窓口を設置しています。

子宮頸がん予防ワクチン接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関(全国版)(厚生労働省ホームページに移動します)

子宮頸がん検診

   子宮頸がんの検診は、前がん病変(がんになる手前の状態)を発見することができる検診です。子宮頸がん検診が推奨される年齢は20歳以上の症状のない女性です。

   検診は、市が行う住民健診や職場での健診等で受けることが出来ます。    宗像市で行っているがん検診については、むなかた健康ガイド(PDF:1.1MB)をご覧ください 。

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

教育子ども部 子ども家庭課
場所:市役所西館1階
電話番号:
 子ども家庭係:0940-36-1151
 子ども保健係:0940-36-1365
ファクス番号:0940-37-3046

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。