メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > ママ・パパレポート > 令和4年度レポート・レポーター紹介 > アクアドームで『宇宙空間ヨガ』体験~6月7日レポート~

アクアドームで『宇宙空間ヨガ』体験~6月7日レポート~

更新日:2022年06月03日

こんにちは、ママレポーターのソラママです。
先日、息子が保育園で「Refresh&Charge!-心と体に元気をチャージ!」のチラシをもらってきました。
4月末から5月まで宗像ユリックスやアクアドームで行われる体験事業で、親子参加ができるものなどさまざまなイベントを実施。値段もお手頃だったので、何か参加してみようと思いを巡らせました。

今回は、以前からヨガに興味があったので「宇宙空間ヨガ」への参加を決定。
「宇宙空間ヨガ」なんて初耳ですし、「薄暗い中でヨガをするのかな」なんて想像しながら、ヨガ未経験の私は好奇心に掻き立てられ予約の電話をしました。

 

宇宙空間ヨガとは?

薄暗いスタジオ内に星空や地球、宇宙を映し出した幻想的な空間でヨガを行います。
はじめに、インストラクターの古賀先生から「変に構えずに私のマネをしてくれればいいので、初めての方でも大丈夫。体の硬さなどは気にせず、“楽になった”“気持ちよくなった”という感覚を大事にしてください」とのアドバイスが。
また、「ストレッチとヨガの1番の違いは“呼吸”。ヨガで大事なことは呼吸法と無理をしないこと。自分のできる範囲で行い、他人と比べないことです」とも言われていました。

この言葉に気持ちが軽くなり、私も自分のペースでやろうと楽しむことに。
優しくて心地良い音を聞きながら、ゆっくり体を動かしました。

  • 宇宙空間ということで夜に開催
    宇宙空間ということで夜に開催
  • プラネタリウムで宇宙の映像を映し出します
    投影機で宇宙の映像をスタジオの天井に映し出します

 

ヨガの前半は体がポカポカとしてきて、じんわりと汗をかくほどに。普段は意識していない体の部位をしっかりと伸ばし、伸ばした先の壁には宇宙が広がっていることもあり、とても非現実的な空間でした。

親子参加型ということで、大人20人に5人ほどの子どもが参加。ヨガは初めてだと恥ずかしそうに話す小学2年生の女の子は、ヨガマットにママと並んで嬉しそうに座り、映り変わるプラネタリウムにも興味津々の様子でした。

休憩時間も宇宙の映像を見ながら水分補給。地球を照らす太陽の光、地球の映像に映し出される人工的な電気の光をプラネタリウムで楽しむことができました。本当に幻想的でした。

  • ゆっくり変わりゆく映像に宇宙を感じます
    ゆっくり変わりゆく映像に宇宙を感じます
  • 星座なども映し出されます
    星座なども映し出されます
  • 大人に交じって子どももヨガに挑戦
    大人に交じって子どももヨガに挑戦

 

宇宙空間ヨガを終えて

身体が気持ちよく、宇宙空間の映像もきれいで充実した時間となりました。
ヨガというと、「興味はあるけど恥ずかしい、敷居が高そう」という声もあると言う古賀先生。私も同じ気持ちでしたが、宇宙空間ヨガは薄暗いので周りを気にせずマイペースに取り組むことができ、勇気をもって予約して良かったです。
自分の体はもちろん、心も喜んでいるのが分かり、達成感や心地よい脱力感で夜はぐっすり眠れました。

 

意外と知られていないアクアドーム

今回感じたのは、会場である「アクアドーム」を知らない市民の方が意外と多いということ。
オープン当初、市民プール型室内温水プールが出来たと話題になり、私も子どもの頃に親に連れて行ってもらいました。
「室内温水プール」のイメージが強かったのですが、今回のようなスタジオやトレーニングジム設備の存在を知り、アクアドームの魅力を再発見することができました。
充実した設備に対して良心的なお値段でありがたいですね。

 

ユリックス本館の道路を挟んだ向かいにアクアドームが

ユリックス本館の道路を挟んだ向かいにアクアドームがあります

 

アクアドームの健康運動指導士・坂本義道(よしみち)さんにお話を聞いてみました

アクアドームの健康運動指導士・坂本義道さん

アクアドームは公共の施設。会員でない方も利用できます

室内温水プールは入会予約不要で入ることができ、休日や夏休みなどに親子で遊びに来られる方もいらっしゃいます。オムツが外れているお子さんなら入ることができ、小学4年生以上なら保護者がいなくても入れますよ。
昨年度は市と連携し、小さいお子さんが水に慣れるための教室を開催。感染症拡大状況にもよりますが、今年度は7月と3月に開催予定です。

 

敷地内の各施設や公園をより多くの人に知ってもらいたい

各施設の周知の一環として、子どもの運動神経の発達に力を入れたり、親子の取り組みの場を広げています。今回の宇宙空間ヨガも「ユリックスのプラネタリウムと共同でヨガなどができないか?」とアクアドームの職員で提案したことで実現しました。
心と体の健康を大事に、働き世代や子育て世代の方々にも活用してもらえるよう、鍛えるだけではなく安らぎを感じられるようなイベントや教室を行っています。

 

子どもたちの思い出作りに・・・アイディアは無限大!

広大な敷地を活用して、子どもたちの思い出作りの場ができたらと考えています。例えば、サーキットトレーニングコースや芝生広場などで24時間EKIDEN等イベントがある際、休憩時間に観客である子ども達も参加できるようなちょっとしたゲームだとか。芝生広場で「はいはい競争」などもいいですね。

宇宙空間ヨガはもちろん、アクアドームをはじめ宗像ユリックスでは今後も楽しいイベントが満載。
ぜひみなさんもお気軽に利用してださいね。


(レポートは原文のままで掲載しています)

 

このページに関する問い合わせ先

総務部 秘書政策課 広報報道担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1055
ファクス番号:0940-37-1242

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。