トップページ > くらし・手続き > 安心・安全 > 消費生活 > サラ金などへの返済でお困りの方へ

サラ金などへの返済でお困りの方へ

更新日:2016年07月11日

借金の整理には法的手段の活用を!

今は、クレジットカードで何でも買える時代です。そのため、無計画に借金を続けて返済できなくなり、多重債務に陥る人が増えています。借金を整理するには、次の方法があります。

1.任意整理

弁護士や認定司法書士に依頼し、経済状況を考えながら、利息を計算し直して、3年ほどで返済できるように計画を立て、返済していきます。

2.特定調停

簡易裁判所に特定調停の申し立てをし、調停委員が、借主と業者の間に入り、利息を再計算。借主の経済状況を考えて返済額を決め、分割か一括で返済することで業者と和解します。

3.個人再生手続

多額の借金があるけれど一定の収入が見込める場合、借金の一部を3年程度支払うことで、残りの支払が免除される制度です。住宅を手放さずに借金を返済することもできます。

4.自己破産

以上の手続きによる債務整理が困難なほど、多額の借金を抱えている人や収入のない人は、地方裁判所に自己破産の申し立てをします。自宅などの資産を処分し、返済にあてることで、残りの借金返済は免除されます。多額の借金の重荷から開放され、再出発できます。

弁護士などに依頼すると、業者の厳しい取り立ては止まります。

多重債務者の多くは、業者の厳しい取り立てを恐れて借金を繰り返すため、自転車操業の状態に陥ります。弁護士や認定司法書士に借金の整理を依頼すると、業者の厳しい取り立ては止まります。

過払い金が戻ってくるケースも

貸金業者のなかには、利息制限法の上限金利を守らずに営業している業者もいるので、上限を超えて支払った金利分は元本に充てることができ、再計算をすると、過払い金が戻ってくるケースもあります。

個人の場合、整理できない借金はないといっていいくらいです。詳しくは消費者センターに相談してください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 総務課 消費生活センター
場所:消費生活センター
電話番号:0940-33-5454
ファクス番号:0940-33-5469

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。