メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業・まちづくり > 産業 > 商工業 > 宗像市での創業支援 ~「宗像で創業=“宗 業”」を応援します~

宗像市での創業支援 ~「宗像で創業=“宗 業”」を応援します~

更新日:2019年04月25日

宗像市は「創業できる街」を目指しています。
宗像市商工会、市内金融機関、その他支援機関等と連携し、街ぐるみで“宗業”(注)を応援しています。

(注)宗業・・・「宗像で創業」の略語

宗像市の創業支援等事業計画は、国の産業競争力強化法に基づく計画として国から認定を受けています。
宗像市創業支援事業計画の概要(PDF:383KB

“宗業”相談窓口(”宗業”者応援ネットワーク)のご案内

宗像市で創業を考えられている方からのご相談について、各種相談内容に応じて窓口をご案内いたします。
宗像市、宗像市商工会、市内金融機関で構成する「“宗業”者応援ネットワーク」が創業を考えられている皆様を一体的に応援させていただきます!

各お問い合わせ先は、以下の添付ファイルをご覧ください。

“宗業”者応援ネットワークのご案内(PDF:645KB

“宗業”(創業)支援事業のお知らせ

「創業にちょっと関心がある」という方から、「もう既に創業の準備を始めている」という方まで、創業に関する情報、知識等を幅広く身に付けることができる事業を用意しています。関心のある方は、是非ご参加ください。随時更新していきます。

宗像市商工会による個別相談(宗像市特定創業支援等事業)

  • 日時:随時(宗像市商工会に問い合わせてください)
  • 場所:宗像市商工会(宗像市東郷1-3-10)
  • 内容:事業計画や資金調達等創業に関する事項全般
  • 問い合わせ先:宗像市商工会 電話番号:0940-36-2268

宗像・福津起業塾(宗像市特定創業支援等事業)
・2019年度の内容は準備中です

“宗業”者応援プログラム(宗像市特定創業支援等事業)
・2019年度の内容は準備中です(2019年9月から12月実施予定)
 
創業を考えられている方に対して、セミナーやスクールを検討

 

"宗業"(創業)支援制度のお知らせ

特定創業支援等事業を受けた方への支援制度

上記「“宗業”(創業)支援事業」の「宗像市特定創業支援等事業」修了証(合計4回・1ヶ月以上支援を受けた方に発行)、事業計画書と一緒に宗像市に申請すると「証明書」を受けることができ、以下のような支援を受けることができます。

 <合計4回の支援例>
 例1、宗像市商工会による個別相談を4回受講

 例2、"宗業"(創業)者応援プログラムセミナーを1回受講、
    "宗業"(創業)者応援プログラムスクールを2回受講、
    宗像市商工会による個別相談を1回受講   合計4回
    

1.会社設立時の登録免許税の軽減

創業される方又は創業後5年未満の個人が会社を設立する場合には、登録免許税の軽減を受けることができます。
株式会社又は合同会社の場合 資本金の0.7パーセント⇒資本金の0.35パーセント
(株式会社の最低税額15万円の場合は7.5万円の軽減、合同会社の最低税額6万円の場合は3万円の軽減)
合名会社又は合資会社の場合 1件につき6万円⇒1件につき3万円

(注)登録免許税の軽減を受けるためには、設立登記を行う際に、証明書の原本を法務局に提出する必要があります。
(注)特定創業支援事業により支援を受けた者のうち、会社設立後に組織変更を行う場合は登録免許税の軽減を受けることができません。
(注)本市が交付する証明書をもって、他の市区町村で創業する場合又は会社を設立する場合には、登録免許税の軽減措置を受けることができません。

2.創業関連保証枠の特例

創業関連保証枠を利用した融資を申し込む場合、無担保・第三者保証人なしの創業関連保証を、事業開始の6カ月前から利用することが可能です。(通常、個人事業主1カ月前、法人2カ月前)

(注)保証の特例を受けるためには、手続きを行う際に、信用保証協会又は金融機関に証明書(写し可)を提出し、別途、審査を受ける必要があります。
(注)本市が交付する証明書をもって、他の市区町村で創業する場合であっても、創業関連保証の特例を活用することができます。

3.日本政策金融公庫新創業融資制度の自己資金要件充足

 創業前又は創業後税務申告を2期終えていない事業者が、新創業融資制度を利用する場合、自己資金要件(創業資金総額の10分の1以上)を充足したものとして、融資制度を利用することが可能です(別途、審査を受ける必要があります)。


4.日本政策金融公庫新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ

 日本政策金融公庫の新規開業支援資金について、貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することが可能です(別途、審査を受ける必要があります)。

  • 証明書を受けることを希望される方は、以下の注意事項を確認し、申請書に記入、押印のうえ、宗像市商工観光課まで1部提出してください。
  • 申請書提出に加え、宗像市商工会が発行する「特定創業支援等事業」の受講修了証(写し)と、事業計画書(写し)もそれぞれ1部ご提出ください。

  特定創業支援等事業  申請書(Word:22KB)
  注意事項(PDF:107KB

"宗業"(創業)者応援補助金

 宗像で創業(”宗業”)する方の費用の一部を補助します!
 "宗業"(創業)者応援補助金 交付要綱(PDF:152KB)
 
  • 対象者    :(1)交付申請時と同年度に宗像市内で創業を予定している個人または法人
            (2)宗像市内で創業後、1年未満の個人または法人
              (注)個人の場合には宗像市内に住所を有する、またはその予定であることが必要
  • 対象経費   :申請書類の作成費、内装・水道工事等、備品・設備の購入、
            HP・チラシ等広告宣伝、商品の試作、事務所の家賃
  • 補助率    :上記補助対象経費の1/2
  • 上限額    :個人、法人ともに50万円
  • 募集時期   :随時 (注)予算がなくなり次第、募集終了
  • 申請にあたって:詳細はチラシ(PDF:607KB)をご覧ください  
  • 申請書に必要な書類
    交付申請書一式(Excel:113KB)
    1) 市内で創業し3年間営業を継続することの誓約書(Excel:40KB)
    2) 創業事業計画書に係る商工会による支援の確認書(Word:22KB)
    3) 商工会の支援のもと作成された創業事業計画書(Word:45KB)
    4) 開業届出書・住民票、または登記簿の写し
    5) 宗像市「特定創業支援等事業」を受けたことの証明書の写し
    6) 補助対象経費に係る見積書の写し
    7) 市税に滞納が無いことの証明書
    8) 暴力団関係者排除に係る誓約書(Word:29KB)
    9) 市、県、国等からの補助金の概要がわかる資料
    10)事業に係る許可証等の写し

    (注1)4、5、10は交付決定後の提出でも可
    (注2)9、10は該当する場合のみ提出
    (注3)2、3は宗像市商工会までご連絡をお願いします。
       宗像市商工会 電話番号:0940-36-2268
    (注4)5は前述の「特定創業支援等事業を受けた方への支援制度の『4,日本政策金融公庫新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ』」に記載の手順にて証明書を取得していただき、その写しをご提出願います。

宗像市起業化支援利子補給補助金

宗像市内で起業するために株式会社日本政策金融公庫の貸付を受け、その貸付金利を支払われた方に3年間(36月分)にわたり貸付金利を補助します(年間10万円上限)。詳細は、以下のページをご確認ください。

(宗像市起業化支援利子補給補助金)
http://www.city.munakata.lg.jp/w045/040/010/030/020/20151217141136.html(別ページに移動します)

その他支援機関の創業支援

フクオカベンチャーマーケット(外部HPへリンク)

福岡県よろず支援拠点(外部HPへリンク)

中小企業庁(外部HPへリンク)

独立行政法人中小企業基盤整備機構(外部HPへリンク)

このページに関する問い合わせ先

産業振興部 商工観光課
場所:市役所北館2階
電話番号:0940-36-0037
ファクス番号:0940-36-0320

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。