トップページ > 市政情報 > 議会 > 議会の基礎知識 > 議会の役割

議会の役割

更新日:2015年03月14日

議会の役割

日本の地方自治制度は戦後の改革によって、住民の直接選挙で地方公共団体の長と議会議員を選び、住民の意思が十分に反映される制度になりました。

長は執行機関、議会は議決機関と言われるように、長には執行権、議会には議決権を専属させることで、相互にその権限を均衡させ、それぞれの独断専行を抑制して、独立・対等の立場から協力して行財政を運営し、ともに住民に責任を負う仕組みになっています。

議会は予算や条例といった議案の議決を通じて、地方公共団体の意思を最終的に決定する機関です。この意思に基づいて実際に仕事を行う機関が長や行政委員会(教育委員会など)です。

議会の役割

このページに関する問い合わせ先

議会事務局 議事調査課
場所:市役所本館3階
電話番号:0940-36-1119
ファクス番号:0940-36-8591

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。