トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > 上下水道 > 下水道の持つエネルギーが電気に生まれ変わります!

下水道の持つエネルギーが電気に生まれ変わります!

更新日:2016年10月13日

宗像終末処理場バイオガス発電開始

  宗像終末処理場では、下水を処理する過程で発生する消化ガスと呼ばれるメタンガスを燃料とした発電設備が完成。9月15日から発電を開始しました。

 消化ガスは地球環境にやさしい再生可能エネルギー(バイオガス)です。発電した電気は、終末処理場を動かすための電気の一部として使用することで、電気代の削減を図ります。併せて温室効果ガスである二酸化炭素を削減し、地球温暖化防止に努めます。

 今後も、下水道の持つエネルギーを有効に活用し、下水道経営の効率化を進めていきます。見学希望は、問い合わせを。

発電システム

 

導入効果(年間)

  • 発電量約163万kWh=一般家庭の450世帯分
  • 削減電気代約2,300万円=終末処理場年間電気代の23%相当(注1)
  • CO₂削減量約600t=杉の木4万2,860本のCO₂吸収量と同じ(注2)

(注1)平成26年度の電気料金で計算

(注2)杉の木1本あたりの年間CO₂吸収量を14キログラムで計算

 

  • 完成した発電設備の画像

    完成した発電設備

このページに関する問い合わせ先

都市建設部 下水道課
場所:宗像終末処理場
電話番号:0940-36-4136
ファクス番号:0940-36-4230

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。