トップページ > 観光・産業・まちづくり > まちづくり > 都市づくり > 建築行為 > 航空法に定める高さの制限

航空法に定める高さの制限

更新日:2015年03月17日

福岡空港事務所からのお知らせ

福岡空港周辺では、航空の安全を確保するため、一定の空域を障害物がない状態にしておく必要があり、高さの制限を設けています。(航空法第49条)

対象区域内で物件等の設置工事や工事用等クレーンの使用を行う場合は、事前に福岡空港事務所までお問い合わせ頂ければ、高さ制限表面を突出するかの確認ができ、回答頂けます。

平成25年10月1日より高さ制限についてインターネットでも確認することができるようになりました。

福岡空港高さ制限回答システム(外部サイトへリンクします)

なお、物件等には、TVのアンテナ・看板・電線・電信柱、あるいは上空に浮揚するアドバルーンやラジコン機等も該当します。

航空の安全確保を図っていくために、ご理解とご協力をお願いいたします。

くわしくは、大阪航空局福岡空港事務所まで、お問い合わせください。 

国土交通省大阪航空局ホームページ(外部サイトへリンクします)

お問い合わせ先

国土交通省 大阪航空局 福岡空港事務所
電話番号:092-621-2221
ファクス番号:092-621-3063

このページに関する問い合わせ先

都市建設部 都市計画課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1484
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。