トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 事業所ごみ > 事業系一般廃棄物の減量等に関する計画書について

事業系一般廃棄物の減量等に関する計画書について

更新日:2017年05月18日

宗像市では、「宗像市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例」により、事業系一般廃棄物を年間36t以上又は1カ月3t以上排出する事業者及び市内の特定事業用建築物(延べ面積3,000平方メートル以上)の所有者を「多量排出事業者等」とし、事業所等から排出される事業系一般廃棄物の減量化、資源化、適正処理を事業者自ら行うよう定めています。

多量排出事業者等には、条例により次のような責務が定められています。

  1. 廃棄物管理責任者を選任し、市長へ届け出る。
  2. 事業系一般廃棄物の減量等に関する計画書を毎年1回作成し、市長に提出する。
  3. 2の計画書に従って事業系一般廃棄物を減量する。
  4. 再生利用可能なものを分別し、保管するための場所の設置に努める。

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:0940-36-1421
ファクス番号:0940-36-0270

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。