メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 選挙 > 7月10日投開票【第26回参議院議員通常選挙】

7月10日投開票【第26回参議院議員通常選挙】

更新日:2022年06月24日

投票日時

7月10日(日曜日)午前7時から午後8時まで

  • 地島投票区と大島投票区は、7月8日(金曜日)午前7時から午後6時までに繰上投票

めいすいくん

開票日時

7月10日(日曜日)午後9時から

開票場所

宗像ユリックス・イベントホール

  • 市での速報公開、開票速報テレホンサービスはありません

投票できる人

満18歳以上の日本国民で、宗像市選挙人名簿に登録されている人。

今回の選挙人名簿に登録される人

  • 平成16年7月11日以前に生まれた人
  • 転入者は、令和4年3月21日までに転入届出をし、令和4年6月21日まで引き続き居住して住民基本台帳(住民票)に記載されている人

令和4年3月22日以降に転入届出をした人

宗像市の選挙人名簿には登録されないため、宗像市の投票所では投票できません。ただし、前住所地の選挙人名簿に登録されている人は、次のいずれかの方法で投票することができます。

  • 投票日当日に前住所地の投票所で投票をする
  • 投票日前日までに前住所地で期日前投票をする
  • 前住所地の選挙管理委員会に投票用紙の交付を請求し、投票日前日までに交付された投票用紙を持参して、宗像市選挙管理委員会で不在者投票をする
  • 短期間で何回も住所を移した人は対象にならない場合があります。該当する人は、前住所地の選挙管理委員会に問い合わせを

入場券を郵送します

選挙人名簿に登録されている人に「投票所入場券(ハガキ)」を郵送します。この入場券には、投票日や投票所を表示しています。投票日まで大切に保管し、投票所に持参してください。入場券が届かない場合や紛失した場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。投票所で係員に申し出てください。投票所が分からない場合は、市選挙管理委員会に問い合わせを。

 期日前投票を利用してください

投票は

  1. 選挙区選挙
  2. 比例代表選挙

    の順に行います。

選挙区選挙

投票用紙に候補者1人の氏名を記入してください

比例代表選挙

投票用紙に候補者名または、政党などが届け出た名簿に記載された政党などの名称を記入してください

  • 無関係な文字などを記入すると、投票が無効になる場合があります

期日前投票を利用してください

投票日に仕事、入院、冠婚葬祭、旅行、レジャーなどで投票に行けない人は、入場券裏面の宣誓書に記載のうえ「期日前投票」をすることができます。(下表1参照)

市役所(北館1階・103会議室)

6月23日(木曜日)から7月9日(土曜日)午前8時30分から午後8時まで

  • 地島投票区・大島投票区の人は、7月8日(金曜日)が投票日のため、期日前投票ができる期間は7月7日(木曜日)まで
市役所本庁舎・期日前投票所略図

サンリブくりえいと宗像(2階 中央エスカレーター周り)

7月6日(水曜日)から同9日(土曜日)午前10時から午後7時30分まで

  • 地島投票区・大島投票区の人は、7月8日(金曜日)が投票日のため、期日前投票ができる期間は7月7日(木曜日)まで
サンリブ期日前投票所略図

大島行政センター

7月2日(土曜日)から同7日(木曜日)午前8時30分から午後5時まで

期日前投票の日程

 不在者投票できます

不在者投票できます

市外に滞在している人

選挙期間中、出張や旅行などで、他の市区町村に滞在している人は、その市区町村で投票できます。投票用紙などを滞在先へ郵送しますので、事前に市選挙管理委員会に直接又は郵送で請求してください。

  • 「不在者投票請求書・宣誓書」は、下記関連ファイルからダウンロード可
  • 下記関連リンク「マイナポータル・ぴったりサービス」からオンライン申請可(マイナンバーカード必須)

病院などに入院している人

病院や、県選挙管理委員会が指定した施設に入院・入所している人で歩行が困難な人は、その病院・施設で不在者投票ができます。

  • 詳細は各病院・施設に問い合わせを

身体に重度の障がいがあり投票所に行けない人

郵便などを使った不在者投票をすることができます。事前に市選挙管理委員会で「郵便等投票証明書」交付の手続きが必要です。

郵便等投票の対象者(下表2参照。詳細は市選挙管理委員会に問い合わせを)

 身体障害者手帳を持つ人  (部位・程度)
  • 両下肢、体幹、移動機能(1級か2級)
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸(1級か3級)
  • 免疫、肝臓(1級から3級)  
戦傷病者手帳を持つ人 (部位・程度)
  • 両下肢、体幹(特別項症から第2項症)
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓(特別項症から第3項症)   
介護保険の被保険者証を持つ人(部位・程度)
  • 要介護5
郵便投票の対象者

申請締切日(投票日の4日前)

7月6日(水曜日)

  • 地島投票区・大島投票区の人は、7月4日(月曜日)

代理記載制度

郵便などによる不在者投票をする人で、かつ自署による投票ができない人は、あらかじめ宗像市選管委員長に届け出た人(選挙権を有する人に限る)に投票に関する記載をしてもらうことができます。

代理記載制度の対象者(表3参照。詳細は市選挙管理委員会に問い合わせを)

身体障害者手帳を持つ人  (部位・程度)

上肢、視覚(1級) 

戦傷病者手帳を持つ人(部位・程度)

 上肢、視覚(特別項症から第2項症)

代理記載制度の対象者

 代理投票・点字投票できます

投票用紙への記入が困難な人は、投票所の係員に申し出てください。投票管理者が代筆での投票事由を認めた場合、厳正な立ち会いのもとに係員が代筆します。また、目の不自由な人は、点字で投票することができます。投票所の係員に申し出てください。

特例郵便等投票

新型コロナウイルス感染症で療養などをしている人で、一定の要件に該当する人は、郵便などを使った投票ができます。

特例郵便等投票の請求方法は次のとおりです。

1)特例郵便等投票請求書を関連ファイルよりダウンロードし、印刷する。
2)請求書に必要事項を記入する。
3)宛名用紙を関連ファイルよりダウンロードし、印刷し、封筒に張り付ける。
4)外出自粛要請又は隔離・停留の措置に係る書面がある場合は同封する。
5)ファスナー付きの透明のケース等を使用し、宛名がわかるように封筒に入れる。
6)透明ケース等をアルコール消毒する。
7)患者ではない同居人、知人等にポストの投函を依頼。

詳細は下記関連ファイルの「特例郵便等投票に係る投票用紙等の請求手続きについて」をご確認ください。問い合せは市選挙管理委員会まで。(「特例郵便等投票請求書」・ 「料金受取人払郵便物の宛名表示」は、下記関連ファイルからダウンロード可) 

選挙公報について

公示日(6月22日)以降に作成・配布されるため、全世帯への配布までにはある程度の時間を要します。投票日の2日前までに届かない場合は、市選挙管理委員会に問い合わせを。

投票済証を交付します

本市の投票所では、投票した人に投票済証を交付しています。交付を希望する人は、投票後、投票所を出る前に係員に申し出てください。

感染症対策について

感染症対策について=期日前投票所、当日投票所に来るときは、マスクの着用、消毒などの感染症対策に協力をお願いします。

このページに関する問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1375
ファクス番号:0940-37-1242

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。