避難情報(警戒レベル)の変更

トップページ > 避難情報(警戒レベル)の変更

更新日:2021年5月27日

5月15日、九州北部地方の梅雨入りが発表されました。
平年より20日、昨年より27日早く、1954年に次ぐ過去2番目に早い梅雨入りとなりました。

大雨やもしもの事態に備えて、避難時の持ち出し品の点検をし、避難ができる準備を完了させておきましょう。


 災害対策基本法の改正により、5月20日から避難情報が変わります。

災害対策基本法変更


警戒レベル3は「避難準備・高齢者等避難開始」でしたが、「高齢者等避難」に変わります。
避難に時間のかかる高齢の方や障がいのある方、乳幼児のいるご家庭などは警戒レベル3「高齢者等避難」が発令されたら、避難行動を始めてください。

また、警戒レベル4は「避難勧告・避難指示(緊急)」でしたが、「避難勧告」は廃止になり、「避難指示」に変わります。
「避難勧告」は発令しません。市より警戒レベル4「避難指示」を発令した場合は、危険な場所から必ず避難をしてください。

警戒レベル5「緊急安全確保」はすでに災害が発生している、もしくは切迫している状態です。この発令を待ってはいけません。

(参考:内閣府ホームページ_http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinanjouhou/r3_hinanjouhou_guideline/)

  宗像市の防災情報を発信しています。

 緊急情報伝達システム

市では、

〇メールや固定電話、FAXで防災情報を受け取れる「緊急情報伝達システム」

〇スマートフォンアプリLINEで防災情報を受け取れる「宗像市公式LINE」アカウント

〇災害時のみ更新され、市内の開設避難所や避難者数等を閲覧できる「宗像市防災情報ダッシュボード」

を用意しています。

「自らの命は自らが守る」意識をもち、今のうちから自宅の災害リスクやとるべき行動を確認しておきましょう。

また、ライフラインの停止にも備えましょう。感染症対策のマスク等の用意も忘れずにお願いします。