トップページ > 観光・産業・まちづくり > まちづくり > 公共交通 > 買い物に通院にふれあいバス・コミュニティバスをどんどん利用しよう!

買い物に通院にふれあいバス・コミュニティバスをどんどん利用しよう!

更新日:2017年09月06日

 ふれあいバスとコミュニティバスは路線バスが走らない地域の公共交通を補うために運行しているものです。日頃のおでかけにどんどん利用してください。

 ふれあいバス

ふれあいバス・コミュニティバスのかんたん!使い方

 降車時に、運賃箱に運賃を入れてください

  • 中学生以上=200円
  • 小学生=100円
  • 乳幼児は、保護者同伴に限り無料

定期券など、利用できるカードや乗車券は下記を参照してください

 乗り降りらくらく各種乗車券

nimoca(ニモカ)SUGOCAなどの全国相互利用サービス対象カード(交通系ICカード)も利用可

  • nimoca

 

ふれあいバスのみ利用可

 

1日乗車券

  • 1日乗車券


1日に何度でもふれあいバス、コミュニティバスを利用できます。車内で販売。

3回以上乗るなら断然お得!



  • 中学生以上=400円
  • 小学生=200円

 

回数券

  • 回数券

 

1,000円(100円券×11枚)

 

定期券

1カ月6,000円(高齢者、障がい者は半額)


ふれあいバスカードでの割り引きと交付申請

 70歳以上か身体障害者手帳などを持っている人で、バス乗降時に「ふれあいバスカード」を提示した場合に割り引きを受けられます。70歳未満で身体障害者手帳などを持っている人と介護者は、市高齢者支援課で事前に「ふれあいバスカード」の交付手続きをしてください。

ふれあいバスカード交付場所

  • 高齢者支援課(市役所北館1階)
  • メイトム宗像
  • 各コミセン(大島コミセンは除く)
  • 大島行政センター

再発行も同交付場所で受け付けています

 

バスに乗ろう!

 9月20日(水曜日)は「バスの日」。日本(京都)で初めてバスが走った記念日です。それに合わせて9月から11月にかけて福岡県下各地で公共交通にちなんだイベントや利用促進に向けた取り組みが行われます。気になる催しが見つかったら、マイカーではなく、バスで出かけてみましょう。詳細は、下記関連リンク県ホームページで確認できます。

 

古くなったコミュニティバスの入れ替えを進めています

 新しいバスにはディーゼル車を採用して燃料費の削減を図っています。また、個性的なラインのデザインで、ラインの色も時刻表の路線の色と合わせて、一目でコミュニティバスだと分かるように工夫しました。

  • コミュニティバス河東
  • コミュニティバス吉武

 

ふれあいバス・コミュニティバスの運行経費(平成28年度)

利用者数に対する運行費用は赤字です。赤字は、市が補てんしています

  • 運行経費=92,062,388円
  • 収入額=18,798,701円
  • 補填額 = 73,263,687円
  • 利用者数=179,431人
  • 乗客1人あたり経費=408円(収入差引後)

【乗車人数】

バスの種類

地区

平成27年度(人)

平成28年度(人)

ふれあいバス

全地域

108,253人

111,235人

コミュニティバス

吉武

16,869人

15,144人

南郷

10,136人

10,391人

河東

11,816人

12,142人

田島・神湊

9,984人

9,317人

池野・岬

10,107人

10,312人

赤間

10,435人

10,890人

合計

177,600人

179,431人

 

バス車内広告主募集中

申込・問い合わせ先

 西鉄バス宗像株式会社 
電話番号:0940-35-3554

 

【車内広告(運転手席側窓上)】

規格(縦×横)

掲出料

掲出内訳

その他

364×515mm(左)

6,000円/月

ふれあい

バス3台

B3サイズ

364×1800mm(中央)

18,000円/月

 

【車内チラシ(運転手席後側)】

規格(縦×横)

掲出料

掲出内訳

その他

297×210mm(右)

6,000円/月

ふれあい

バス3台

A4サイズ

このページに関する問い合わせ先

総務部 交通対策課
場所:神湊港渡船ターミナル
電話番号:0940-62-3592
ファクス番号:0940-62-3503

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。