トップページ > くらし・手続き > 安心・安全 > 消費生活 > 転ばぬ先の杖「遠隔操作で簡単に変更できるプロバイダ契約に注意」

転ばぬ先の杖「遠隔操作で簡単に変更できるプロバイダ契約に注意」

更新日:2016年07月11日

遠隔操作で簡単に変更できるプロバイダ契約

インターネットをするには、回線契約とプロバイダ契約が必要です。回線契約を変更するには工事が必 要ですが、プロバイダ契約はパソコンの設定変更をするだけで完了します。そのため、「毎月の料金が安くなる」「遠隔操作(注1)で手続きも簡単」などと電話で勧誘し、プロバイダ変更を迫る事業者が増えています。

 1

相談事例

2日前、大手電話会社の代理店を名乗るところから「現在のプロバイダ料金は月額1200円だが、変 更すると950円になるので乗り換えた方が得です。遠隔操作で簡単に変更できるし、問い合わせ窓口もすぐつながり便利です」と電話で勧誘された。担当者か ら求められるままに、パスワード、メールアドレスを伝えると、パソコンの画面上で、遠隔操作でのプロバイダ変更の設定が完了した。

しかし、電話だけでの説明では契約内容も分からないし、不安なので解約したい(50歳代・女性)。

 2

アドバイス

電話勧誘での契約は、書面での説明とは違い、契約内容を理解するのは困難です。遠隔操作では、パソコンの画面上で各種確認事項を示して、契約者の同意を取っているので、契約は成立しています。プロバイダ契約には、クーリングオフ規定はありません。

この事例については、センターから事業者に連絡したところ、事業者が独自で5日間の解約期間を設けていたため、無条件で解約することができました。

 3

事業者からパソコンを遠隔操作されるときは、パソコン内に記録されている個人情報を、知らない間に抜き取られる恐れもあります。事業者の甘いセールストークをうのみにしてすぐに契約せず、いったん電話を切って、契約条件などをよく確認しましょう。

(注1)遠隔操作とは、自分のパソコン画面が離れた相手(事業者)のパソコンにも表示される機能で、複雑な契約や設定変更も可能です

第2・4土曜日電話相談

市消費生活センターでは、月曜日から金曜日の相談に加えて、第2・4土曜日に電話相談を実施しています。利用してください。

時間 8時30分から17時 電話番号:0940-33-5454

このページに関する問い合わせ先

総務部 総務課 消費生活センター
場所:消費生活センター
電話番号:0940-33-5454
ファクス番号:0940-33-5469

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。