トップページ > くらし・手続き > 安心・安全 > 消費生活 > 転ばぬ先の杖「訪問購入《何でも買い取ります》の目的は…貴金属!?」

転ばぬ先の杖「訪問購入《何でも買い取ります》の目的は…貴金属!?」

更新日:2016年07月11日

「何でも買い取ります」の目的は…貴金属!?物品の買い取りの訪問購入は、平成25年2月に特定商取引法が改正され、規制の対象となりましたが、依然としてトラブルが後を絶ちません。

中でも、「何でも買い取ります」と電話があった後、自宅に来てもらったが、怖い思いをしたなどという相談も寄せられていて、注意が必要です。

なるべく、1人で対応することを避け、家族や友人に相談するなど、慎重に判断しましょう。

事例1

「何でも買い取ります」の目的は…貴金属!?
買取業者から電話があり「年賀ハガキの書き損じはないか?あれば、買い取る」と言うので、自宅に来てもらった。年賀ハガキ30枚を買い取った後、「貴金属はないのか?」としつこく聞かれ、家中の引き出しを開けさせられた。

事例2

「古着屋をオープンするため、着物や洋服を集めている。買い取りに訪問してもいいか?」と電話があり、承諾した。来訪した業者は、着物や帯、スーツを一通り見ただけで「他に指輪やネックレスはないのか?」と言い、「ない」と答えると、何も買い取らずに帰って行った。

アドバイス

「何でも買い取ります」の目的は…貴金属!?
法律では、消費者から訪問要請を受けていない飛び込み勧誘は禁止されています。事例のように、年賀ハガキの書き損じ、着物や古着など、どこの家庭にもあるような物を「買い取る」というのは、訪問をするきっかけをつくる口実で、貴金属を安価で買い取ることが目的だと思われます

昨年の法律改正後、訪問購入もクーリング・オフができるようになり、書面を受け取った日から8日以内であれば、無条件解除ができます。以前は、売却した物品をいったん手渡すと、取り戻すことが困難だったため、改正後は、クーリング・オフ期間中、物品を手元に置いて、冷静に考えることができるようになりました。

「困ったな」と思ったら、諦めずにセンターに相談してください。

第2・4土曜日電話相談

市消費生活センターでは、月曜日から金曜日の相談に加えて、第2・4土曜日に電話相談を実施しています。利用してください。

時間:8時30分から17時 電話番号:0940-33-5454

このページに関する問い合わせ先

総務部 総務課 消費生活センター
場所:消費生活センター
電話番号:0940-33-5454
ファクス番号:0940-33-5469

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。