トップページ > くらし・手続き > 安心・安全 > 消費生活 > 転ばぬ先の杖「引っ越しサービスのトラブル注意報!」

転ばぬ先の杖「引っ越しサービスのトラブル注意報!」

更新日:2016年07月11日

3月から4月は、就職や進学、転勤などで引っ越しサービスを利用する機会が特に多い時期です。トラブルに遭わないためには、引っ越し契約のポイントを知っておくことが大切です。

引っ越しサービスのトラブル注意報!
でばんビちゃん

事例1

引っ越しサービスのトラブル注意報!1カ月前に引っ越し業者と契約した。その後、友人に紹介された業者の見積もりの方が安かったので断りたい。解約料はかかるか。

アドバイス

国土交通省の「標準引越運送約款」で、解約料は、引っ越し予定日の前日に解約を申し出た場合は、運賃の10%以内、当日に申し出た場合は20%以内の額となっています。引っ越し予定日の2日前までに解約を申し出た場合は、解約料を支払う必要はありません。ただし、段ボールの持ち込みなどのサービスを受けている場合は、その費用は支払わなければいけません。

事例2

引っ越しサービスのトラブル注意報!引っ越し後、4カ月過ぎて段ボールが3個なくなっていることに気が付いた。業者に連絡したが、「申し出期間は過ぎている」と言われ、相手にしてもらえない。

アドバイス

「標準引越運送約款」では、荷物の一部紛失は、荷物の引き渡しが終わってから3カ月以内に通知をしないと、業者の責任はなくなります。引っ越しが終わったら、すぐに荷物の点検をして、紛失や破損があった場合は、業者に連絡しましょう。

引っ越しをするときのポイント

  • 業者を決めるときは、少なくとも2から3社から見積もりを取りましょう。原則、見積もりは無料です。内金、手付金の必要はありません
  • 現金や貴重品などは、自分で管理しましょう。壊れやすいものや特に注意が必要なもの(パソコンなど)は、事前に申告しましょう
  • 国土交通大臣から、一般貨物自動車運送事業者、貨物軽自動車運送業事業者、貨物利用運送事業者のいずれかの許認可をもらっている事業者か、確認しましょう
    注:詳細は、国土交通省「標準引越運送約款」ホームページの関連ファイルで確認できます

第2・4土曜日電話相談

市消費生活センターでは、月曜日から金曜日の相談に加えて、第2・4土曜日に電話相談を実施しています。利用してください。

時間:8時30分から17時 電話番号:0940-33-5454

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 総務課 消費生活センター
場所:消費生活センター
電話番号:0940-33-5454
ファクス番号:0940-33-5469

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。