トップページ > 市政情報 > 選挙 > なぜなに選管「選挙の投票立会人、開票立会人って何?」

なぜなに選管「選挙の投票立会人、開票立会人って何?」

更新日:2017年05月08日

投票立会人

投票立会人は、選挙の投票事務の公平を確保するため、投票事務に立ち会う人です。市町村の選挙管理委員会(選管)は、公職選挙法の規定により各投票区の選挙人の中から、2人以上5人以下の投票立会人を選任することとなっており、宗像市では、各投票区ごとに2人を選任しています。なお、同じ政党に属する人が、1つの投票区で2人以上投票立会人になることはできないので、選任する際には所属政党を確認します。

開票立会人

開票立会人は、開票事務の公平を確保するため、開票事務に立ち会う人です。候補者が、その開票区の選挙人名簿に登録されている人の中から本人の承諾を得て1人を定め、市町村の選管に届け出ます。開票立会人は、公職選挙法の規定により3人以上10人以下を選任することとなっているため、11人以上の届出があったときは、市町村の選管がくじで10人を選任することになります。また、同じ政党の候補者からの届出が3人以上あるときは、その中から2人をくじで決めて選任することになります。

投票立会人と開票立会人は、候補者本人がなることはできません。また、投票立会人と開票立会人に選任された人は、病気などの正当な理由がなければ、辞退することはできません。

このページに関する問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1375
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。