メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > 上下水道 > グリーストラップの設置と使い方

グリーストラップの設置と使い方

更新日:2017年12月13日

 グリーストラップとは、排水中の油分を分離・貯留して排水管・下水道管に流さないようにする装置です。別名、「油脂しゃ断装置」または「オイル阻集器(そしゅうき)」ともいいます。
 飲食店などの厨房施設からは、油脂類を多量に含んだ水が排出されるため、グリーストラップの設置が義務付けられています。
 グリーストラップを清掃しないと排水管が詰まって汚水が室内に噴き出したりします。
 さらに、最終的には公共下水道管を閉塞させ、多くのお客さまにご迷惑をかけるばかりか、管渠の清掃に多額の費用が発生することとなります。(このような場合、原因者の方に清掃費用の一部又は全部の負担を求める場合があります。)

グリーストラップ清掃の内容と作業頻度の目安は次のとおりです。

1 バスケット内にたまったゴミの回収と清掃

毎日1回

2 槽内浮上油脂分の回収と清掃

(注意:最終槽内に油脂分が見えたときは浮上油脂分をすべて回収しましょう)

1週間に1回以上

(1から2日に1回)

3 槽内全体の汚泥の引き抜き

1ヶ月に1回以上

4 流し、流出口の清掃

2から3ヶ月に1回以上  

定期的に清掃しましょう!!

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

都市建設部 下水道課
場所:宗像終末処理場
電話番号:0940-36-4136
ファクス番号:0940-36-4230

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。