トップページ > 観光・産業・まちづくり > まちづくり > 道路 > 宗像市橋梁長寿命化修繕計画

宗像市橋梁長寿命化修繕計画

更新日:2017年03月16日

市内橋梁の適切な維持管理を行うことを目的として、平成24年度に「宗像市橋梁長寿命化修繕計画」を策定しましたので公表いたします。

宗像市が管理する全538橋(平成25年4月現在)の道路橋の多くは、1955年から1980年代(高度経済成長期)に架設されており、今後急速な老朽化が想定され、それに伴う維持管理コストの増大が新たな問題として顕在化してきています。このことに対して、従来の「事後保全(損傷が大きくなってからの修繕)」的な管理では、補修・架替えの一時的な集中が予想され、道路ネットワーク機能の低下や維持修繕更新費等が増大する可能性が危惧されます。

このため、「宗像市橋梁長寿命化修繕計画」を策定し、市内橋梁の状態について客観的な把握・評価を行い、計画的かつ合理的な管理を行うこと(「予防保全」)で、修繕費の縮減を図るとともに、地域道路網の安全性・信頼性の確保に努めます。

関連ファイルより、ダウンロードできます。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

都市建設部 維持管理課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-7471
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。