トップページ > 観光・産業・まちづくり > まちづくり > 都市づくり > 景観 > シリーズ景観 第3回

シリーズ景観 第3回

更新日:2015年03月17日

MUNAKATA

シリーズ景観第3回「景観のつくり方」

優れた景観は、多くの人を引きつけ、人々の心に安らぎや誇りなど、さまざまな恩恵を与えてくれます。
しかし、こうした景観は一朝一夕にできるものではありません。また、行政だけでなし得るものではなく、市民や事業者のみなさんが自らまちのことを考えることで少しずつ出来上がっていきます。
家や事業所を建てる時、建物の色や形を周囲の街なみに合わせるといった「物を作ること」はもとより、清掃活動や花いっぱい運動、祭りなど「日々の活動」も優れた景観をつくる重要な要素です。
みなさんが少しだけまちのことを考えて生活することの積み重ねが、景観を守り、次世代へ引き継ぎ、優れた景観をつくり出す鍵と言えます。

昔の街なみ
地域全体で昔の街なみを保全することで歴史的な雰囲気が生まれます

市民の皆様の清掃活動
市民の皆様の活動で美しい景観が保たれています

このページに関する問い合わせ先

都市建設部 都市計画課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1484
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。