トップページ > 観光・産業・まちづくり > まちづくり > 都市づくり > 景観 > シリーズ景観 第1回

シリーズ景観 第1回

更新日:2015年03月17日

MUNAKATA

景観とは、「景」山、川など目に見える眺め、「観」見る人の印象や価値観という2つの意味が合わさった言葉といわれています。そのため、景観とは、海や山や建物といった物質的なものから、まちの歴史やにぎわい、人々の生活や活動といった要素も含む幅広い概念です。

「自由ヶ丘大通りから見る四塚連山に力をもらえる」「宗像ユリックスの古墳の丘に登って心が洗われる」など、今年3月に募集した「おすすめ景観」では、みなさんの景観に対するさまざまな思いを感じることができました。

こうしたみなさんの思い「観」が、四季折々の風景や街並み、雄大な自然「景」と交わることで、宗像市の景観が形づくられていきます。
景観とは

このページに関する問い合わせ先

都市建設部 都市計画課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1484
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。