トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 介護保険 > 65歳以上の介護保険料が変わります

65歳以上の介護保険料が変わります

更新日:2015年06月18日

 

平成27年度から月額5200円(基準額)へ

  介護保険料は、介護保険事業計画の策定に併せて、3年ごとに見直しています。平成27~29年度(第6期)の介護保険料は、月額5200円(基準額)に決定しました。

 介護保険料は、今後3年間の介護サービスにかかる費用や、第1号被保険者数(65歳以上人口)の見込みを基に決定しています。また、平成27年度からは、個人の負担能力に応じた保険料となるよう、所得段階を細分化しています。

 

介護保険料基準額の算定方法

 基準額とは、介護保険料算定の基礎になるものです。この基準額を基に、前年の所得や住民税の課税状況に応じた所得段階別の介護保険料が決まります。

 基準額は、おおよそ次のような式を基に算定します。

 市の介護サービスにかかる費用×65歳以上の人の負担割合(22%)/65歳以上の人数

 

認定率の伸びは、第1号被保険者数の伸び率より増加

 図1は、介護サービスにかかる費用(介護保険給付費)と第1号被保険者に占める認定者数の割合の推移を表しています。介護保険給付費増加の主な要因は、要介護認定者数の増加です。平成29年度は、平成24年度と比べて、第1号被保険者数が1・19倍の伸びであるのに対し、認定者数は1・42倍にまで増加すると見込んでいます。 

【図1】 介護保険給付費と認定者率

【図1】 介護保険給付費と認定者率


保険料の軽減に基金を活用

 平成24~26年度(第5期)で発生した介護保険料の余剰金は、介護給付費準備基金に積み立てています。

 国の方針では、最低限必要と認める場合を除き、次期計画に繰り入れるとしています。この方針に基づいて、基金から1億円を取り崩し、介護保険料の軽減に活用します。

 

平成27年度からの介護保険料の所得段階

●2つの主な変更点

  1. 基準額が月額4400円から5200円に

    平成27年度からの介護保険料基準額は、これまでの額から月額800円増額となります。県内の平均は5165円から5632円、全国平均は4972円から5514円となっています。
  2. 所得段階が変更に

    個人ごとの負担能力に応じた保険料となるよう、10段階から14段階に細分化しました(図2参照)。

 【図2】宗像市の所得段階の設定について
【図2】宗像市の所得段階の設定について

 

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 介護保険課
場所:市役所北館1階
電話番号:
 介護保険係:0940-36-4877
 介護認定係:0940-36-5186
ファクス番号:0940-36-2410

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。