トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 【保健・医療】自立支援医療(更生医療)

【保健・医療】自立支援医療(更生医療)

更新日:2015年02月15日

18歳以上の身体障害者に対して、障害の部分を手術したり、治療したりすることで、障害の程度が軽くなり、職業上、日常生活上の能力が高まることが期待される場合に給付される医療制度です。対象となる医療は、人工関節置換術、心臓手術(永久ペースメーカー植込術、弁置換術など)、人工透析療法(血液透析、CAPD)、肝臓移植などです。

更生医療が適用される指定の医療機関があり、福岡県障害者更生相談所の判定が必要になります。

対象となる人

18歳以上の身体障害者手帳を持っている人(障害等級は問いません)。ただし、心臓機能障害、じん臓機能障害、肝臓機能障害、免疫機能障害の人は、身体障害者手帳の申請と更生医療の申請が同時にできます。

注:身体に障害のある18歳未満の児童に対して適用される自立支援医療(育成医療)は、福岡県宗像・遠賀保健福祉環境事務所遠賀分庁舎(電話番号:093-201-4162)へお問い合わせください。

自己負担

自己負担は、原則として医療費の1割負担ですが、世帯の所得や疾病の状況などに応じて一月あたりの上限額が設定されます。所得基準を上回るときは、対象外となる場合があります。

申請に必要なもの

  1. 自立支援医療(更生医療)支給認定申請書
  2. 更生医療要否意見書(指定医師が作成したもの)
  3. 身体障害者手帳
  4. 健康保険証
  5. 印かん
  6. その他(所得・課税証明書など世帯の所得が確認できる書類など)

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
場所:市役所北館1階
電話番号:
 生活保護係:0940-36-7353
 障害者福祉係:0940-36-3135
 自立生活支援係:0940-36‐9570
ファクス番号:0940-36-5856

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。