トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 【手帳】精神障害者保健福祉手帳

【手帳】精神障害者保健福祉手帳

更新日:2015年02月22日

精神疾患のある人で、長期にわたり日常生活または社会生活への制約のある人がいろんな制度を利用するために必要な手帳になります。精神障害者の社会復帰・社会参加を促進し、福祉サービスの提供の促進を図ります。障害の程度に応じて1級から3級までの手帳が交付されます。

対象となる人

病院に初めてかかった日(初診)から6カ月以上経過した精神疾患のある人。年齢による制限や在宅・入院の区別はありません。

申請に必要なもの

注:申請書などは、福祉課障害者福祉係に準備しています。

手続き

持ってくるもの

新規に申請するとき

  1. 医師の手帳用診断書または年金証書の写し(精神障害の事由による障害年金を受給している場合)
  2. 顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)
  3. 印かん

更新の申請をするとき

  1. 医師の手帳用診断書または年金証書の写し(精神障害の事由による障害年金を受給している場合)
  2. 印かん

注:等級が変更になった場合は、顔写真が必要になります。

障害の程度が変わったとき

  1. 医師の手帳用診断書または年金証書の写し(精神障害の事由による障害年金を受給している場合)
  2. 顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)
  3. 印かん

住所や氏名、保護者が変わったとき

  1. 手帳
  2. 印かん

手帳が汚れたり、破損したとき

  1. 手帳
  2. 顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)
  3. 印かん

手帳を紛失したとき(再発行)

  1. 顔写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)
  2. 印かん

障害の回復や死亡などで手帳が不要になったとき

  1. 手帳

手続きの流れ

申請書の受付及び手帳の交付は、市役所福祉課障害者福祉係が窓口になりますが、書類の審査・判定・決定は福岡県精神保健福祉センターが行います。申請から手帳の交付までに1カ月程度かかります。

有効期間

手帳の有効期間は2年です。更新は、有効期間の3カ月前から申請できます。

その他

住所や氏名が変わったときなど、30日以内に変更の手続きをしてください。診断書で手帳を申請する場合、自立支援医療(精神通院医療)も同時に申請ができます。

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
場所:市役所北館1階
電話番号:
 生活保護係:0940-36-7353
 障害者福祉係:0940-36-3135
 自立生活支援係:0940-36‐9570
ファクス番号:0940-36-5856

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。