トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 健康 > 地域の健康づくり > 健康むなかた21 第85回 体と頭の体操で元気に!

健康むなかた21 第85回 体と頭の体操で元気に!

更新日:2015年03月13日

今回は、玄海地区ヘルス推進員が、玄海地区コミュニティ・センターで実施している「健康教室」を紹介します。

健康教室

体と頭の体操で元気に!

地域の健康教室、玄海地区 編

つながるヘルス推進員の輪

2月7日の10時、玄海地区コミュニティ・センターのホールから「わかめ体操」の音楽が聞こえてきました。この日は玄海地区ヘルス推進員が主催する健康教室の日(毎月1回開催)。参加者は15人です。

健康教室のプログラムは次のとおり。最初は、ヘルス推進員が準備体操として「わかめ体操」をします。続いて、吉田よし子さん(60歳代・玄海)の指導のもと、ストレッチ体操、玄米ニギニギ体操、玄米ニギニギ棒を使ったボディーケア、リラクゼーションを約1時間実施。休憩の後、レクリエーションで30分程楽しい時間を過ごしました。

吉田さんは、平成20年にヘルス推進員を経験し、その後、市の健康づくりリーダー養成講座を受講。ボランティアで市の健康づくり推進に協力していました。玄米ニギニギ体操は、市の養成講座だけでなく福岡市まで通って学んだそうです。平成23年から、経験を生かして地区のヘルス推進員の健康教室で指導をしています。

「地元で、自分が何か少しでも役に立つことができればと思い、ヘルス推進員と一緒にやっています」と語る吉田さん。ヘルス推進員の輪がつながっていると感じました。

参加者の村田勝子さん(70歳・玄海)は、「以前ヘルス推進員をしていました。自分一人ではなかなか体操をしないので、みんなと一緒だと楽しい。自分の健康のために、ヘルス推進員の役が終わった後も、ずっと参加しています」と話してくれました。

吉田さんの指導で玄米ニギニギ体操 玄米ニギニギ棒でボディーケア

左:吉田さんの指導で玄米ニギニギ体操 右:玄米ニギニギ棒でボディーケア

体を動かした後は頭の体操

この日のレクリエーションは、「31ゲーム」。吉田さんの説明でゲームが始まります。ゲームの内容は次のとおり。

まず、4人から5人で1チームをつくります。与えられた文字が頭につく3つの言葉を足して、31文字になるようにチームで考えます。考える時間は3分間。31文字になったチームは1点もらえます。どのチームも31文字にならなかった場合は、30文字以下で1番多い文字になったチームが1点もらえます。5回繰り返して点数が多いチームが優勝です。

始めに与えられた文字は「そ」。各チーム「そ」が頭につく言葉で、できるだけ長い言葉を考えます。「曲名でもいいわよ」という吉田さんの声に、それぞれ懐かしい曲名も出てきていました。「�そろばん塾教師�そばまんじゅう�空に太陽がある限り」3つの言葉でちょうど31文字になりました。

次の字を与えるのに、吉田さんが使ったのはカルタの札。選んだカードは「ろ」でした。参加者は「ろ」が頭につく、できるだけ長い言葉を、指を折りながら、紙に書きながら考えています。「あーその言葉のほうがいい!」などとにぎやかです。各チームが考えた言葉が発表されると、「なるほど!」「それもあったね!」と感嘆の声があがりました。

体と頭の体操と楽しいおしゃべりで、みんな元気いっぱい笑顔です。

チームで言葉を考えます

チームで言葉を考えます

たくさんの人が笑顔で元気になってほしい

健康教室の前半は、毎回同じプログラムで体を動かし、後半は、毎回内容を変えたレクリエーションを実施。ヘルス推進員の中野美穂さん(50歳代・玄海)は、「4月からも健康教室は毎月1回開催します。玄米ニギニギ体操を中心に、年に2回はお楽しみ講座も入れようと計画中です。たくさんの人が笑顔で元気になってくれたらいいなと思います。この教室で実施している『わかめ体操』や『玄米ニギニギ体操』を、身近な場所でも広げていくことができたらいいなと思っています」と話していました。

注:玄海地区ヘルス推進員の健康教室(平成26年度)の開催日は、コミセンだより(玄海地区)で確認できます

保健師からの一言

豊福保健師

豊福保健師

地域の健康づくりヘルス推進員が頑張っています

市では、地域の健康づくり活動で活躍する人材育成を目的に、「健康づくりリーダー養成講座」を開催しています。講座の内容は、「わかめ体操」「玄米ニギニギ体操」「レクリエーション」を、地域の健康づくり活動で活用してもらうことを目的とした実践学習です。また、健康づくりに効果的な「ウオーキング」の学習、「体力テスト」「骨密度測定」の体験学習も実施しています。

平成25年度は各コミュニティからヘルス推進員、健康福祉部会員、福祉会福祉員の他、一般参加者を含め、42人が修了証書を受け取りました。ヘルス推進員主催の健康教室などで実践していることが多いのですが、ヘルス推進員の任期が終わった後も経験を生かして、サークル活動などの準備体操に「わかめ体操」をしているという話も聞きます。また、福祉会主催のいきいきサロンでも「わかめ体操」「玄米ニギニギ体操」が実施されています。

注:平成26年度の「健康づくりリーダー養成講座」の募集は市広報紙5月15日号でお知らせ予定です

玄海地区のウオーキングマップができました

玄海地区ヘルス推進員と協働で、玄海地区のウオーキングマップを作りました。ヘルス推進員のお勧めウオーキングコースは2つ。1つは、「田島古道と歴史にふれるコース」(宗像大社と鎮国寺を訪れる。全長約5.3キロメートル、消費カロリー約320キロカロリー)、2つ目は「うみかぜと道の駅むなかたコース」(玄海地区コミュニティ・センターを出発して道の駅むなかた、さつき松原、北斗の水くみ海浜公園へ。全長約6.6キロメートル、消費カロリー約400キロカロリー)です。健康づくりのための1日の運動量(目安は200キロカロリーから300キロカロリー)を満たすコースです。春の日差しを感じながら、ウオーキングで健康づくりをはじめませんか。

注:ウオーキングマップは、市健康づくり課、玄海地区コミュニティ・センターなどに置く予定です

玄海地区のウオーキングマップ

玄海地区のウオーキングマップ

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 健康課
場所:西館1階
電話番号:0940-36-1187
ファクス番号:0940-37-3046

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。