トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 健康 > 予防接種 > 平成29年度 成人(高齢者)の予防接種について

平成29年度 成人(高齢者)の予防接種について

更新日:2017年10月01日

高齢者のインフルエンザ(季節性)、肺炎の発症や重症化・まん延を予防するため、インフルエンザと肺炎球菌の予防接種費用を一部公費負担しています。 
平成26年10月1日から、高齢者の肺炎球菌予防接種は定期予防接種(B類疾病)になりました。

  • 定期予防接種(B類疾病)

B類疾病とは、個人の発病や重症化の予防のための予防接種です。接種の義務はありません。
接種者本人が希望する場合に限り、接種を行います。

対象者等について

ワクチンの
種類

対象者
(公費助成で接種できる年齢)

回数

費用
(自己負担分)

 

高齢者の
インフルエンザ

   
接種日当日、65歳以上の人

 1回
(10月から開始) 

1,400円
 (4,700円のうち、3,300円を公費で負担します。)
注:免除については(2)参照
接種日当日、60歳から64歳の人で、心臓・じん臓・呼吸器・免疫の機能障害で身体障害者1級に相当する人
注:接種時、身体障害者手帳が必要です

高齢者の
肺炎球菌

平成29年度(平成30年3月31日まで)の対象者は、(1)の表に該当する人

1回

   5,680円
(8,680円のうち、3,000円を公費で負担します。)
注:免除については(2)参照

 

(1)平成29年度(平成30年3月31日まで)の高齢者の肺炎球菌予防接種(定期予防接種)の対象者


これまでに23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン予防接種を受けていない人で、表の生年月日に該当する人が対象です

 

対象者 

65歳になる人

昭和27年4月2日生から
昭和28年4月1日生の人

85歳になる人

昭和7年4月2日生から
昭和8年4月1日生の人

70歳になる人

昭和22年4月2日生から
昭和23年4月1日生の人

90歳になる人

昭和2年4月2日生から
昭和3年4月1日生の人

75歳になる人

昭和17年4月2日生から
昭和18年4月1日生の人

95歳になる人

大正11年4月2日生から
大正12年4月1日生の人

80歳になる人

昭和12年4月2日生から
昭和13年4月1日生の人

100歳になる人

大正6年4月2日生から
大正7年4月1日生の人

60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害の身体障害者手帳1級の人
注:接種時、医療機関に身体障害者手帳の提示が必要

 

(2)接種費用の自己負担金免除について

高齢者のインフルエンザ及び肺炎球菌予防接種で、接種費用の助成対象者のうち、非課税世帯(世帯全員が市町村民税を課税されていない世帯)か生活保護世帯の人は、上記の自己負担額が免除されます。
予防接種を受ける際に、必ず証明書類(1から4のいずれか)を医療機関に持参してください(接種時に持参していない場合は、自己負担が免除されません)。

免除対象者

証明書類

市町村民税非課税世帯の人

1 介護保険負担限度額認定証

2 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証

3 予防接種用の証明書
  (注:インフルエンザ分の発行は10月から12月まで。閉庁日を除く)

生活保護世帯の人

4 診療依頼書又は保護受給証明書(福祉課発行)

注:1,2,4いずれも持っていない人で、免除となる可能性がある人は、健康課(西館1階)で接種前に3の申請を(郵送での申請も可)。健康保険証、印鑑の持参を。本人以外(代理人など)が申請する場合は委任状が必要。 
注:代理人は来庁時、委任状のほか、印鑑と身分証明書(運転免許証、健康保険証など)を持参してください

 

(3)予防接種を受ける前に

接種を希望する医療機関に、事前に、実施状況・接種費用・予約必要の有無などについて確認してください。各医療機関によって、ワクチンの備蓄状況、予防接種の予約方法が異なります。(自己負担金免除の申請が必要な場合を除き、市役所での手続きはありません)

 

(4)予防接種指定医療機関

宗像市・福津市内の医療機関のほか、福岡県内の広域化協力医療機関でも接種できます。

  1. 平成29年度「インフルエンザ」「高齢者肺炎球菌」予防接種実施医療機関(宗像市・福津市)(下記の関連ファイル参照)
  2. 福岡県予防接種広域化実施医療機関(肺炎球菌、インフルエンザ。福岡県医師会ホームページへリンクします。)

 

(5)予防接種指定医療機関以外で予防接種を希望する方へ

入院、施設入所等の理由で、指定医療機関以外(福岡県外等)で予防接種を受ける場合、接種時に、宗像市が発行する「予防接種実施依頼書」が必要です。

予防接種依頼書とは 

予防接種法に基づく定期予防接種を市外の医療機関で受ける際、その実施責任が宗像市長にあることを明確にする書類です。予防接種実施依頼書がない場合、予防接種による健康被害等の補償がされません。ご注意ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 健康課
場所:西館1階
電話番号:0940-36-1187
ファクス番号:0940-37-3046

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。