トップページ > よくある質問 > くらし・手続き > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 資源ごみ・不燃ごみについて > 【かん・金物】お菓子や缶詰の缶とそのフタを「かん」と「金物」で分ける

【かん・金物】お菓子や缶詰の缶とそのフタを「かん」と「金物」で分ける

更新日:2015年03月25日

お菓子や缶詰の缶とそのフタを「かん」と「金物」で分けるのはなぜですか?
必ず最後まで使いきフタには“アルミ”や“スチール”の表示がない場合が多く、飲食物のフタかどうか不明な場合が多いためです。飲食物の缶詰にくっついたものなど、明らかに飲食物のフタとわかるものであれば、「かん」で出してください。り、風通しのよいところで穴を開けます。

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:0940-36-1421
ファクス番号:0940-36-0270

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。