トップページ > よくある質問 > くらし・手続き > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 食品ロス削減 考えてみませんか私たちにできること

食品ロス削減 考えてみませんか私たちにできること

更新日:2016年09月15日

 まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間500~800万トンにも上ります。これを日本人1人当たりに換算すると、毎日おにぎり約1、2個分を捨てていることになります。

 家庭での食品ロスを削減できれば、食べ物の廃棄量を減らすという環境面だけでなく、家計面にもメリットがあります。「もったいない」精神を行動に移すことを、今日からでも実行してみましょう。

 

削減の工夫

1.食材を「買い過ぎず」「使い切る」「食べ切る」!

 値段が安いからといって食材を買い過ぎたり、在庫があるのを忘れて同じ食材を買ってしまったりすることは、使い切れずに食材を腐らせてしまう原因にもなります。買い物の前には食材、食品の在庫を確認し、必要なものだけを買うようにしましょう。

2.残った食材は別の料理に活用

 食べ残しなどを減らすために、料理は食べられる量だけつくるようにしましょう。中途半端に残ったら別の料理に活用するなど、食べ切る工夫をしてみましょう。

3.外食時の食べ残しを防ぐ

 宴席やパーティーの席では最初の30分、お開き前の30分は、自席に戻って料理を食べるというルールをつくってみてはいかがでしょうか。

 

「消費期限」と「賞味期限」の違いを理解しよう!

 全ての加工食品には期限表示があります。正しく理解して、買い物に役立てましょう。

「消費期限」

  • 消費期限






品質の劣化が早い食品に表示されている「食べても安全な期限」のため、それを過ぎたものは食べない方が安全です



「賞味期限」

  • 賞味期限






長期保存ができる食品に表示されている「おいしく食べられる期限」であり、それを過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:0940-36-1421
ファクス番号:0940-36-0270

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。