トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > 環境保全・温暖化対策 > ポイ捨て禁止

ポイ捨て禁止

更新日:2015年03月11日

みんなでマナーアップ

ポイ捨ては違法です

冷蔵庫などの大きなものだけでなく、空き缶などの小さなものを路上や山地などに捨てることは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されており、不法投棄となります。

罰則

個人

罰金または懲役、罰金と懲役の両方(罰金1千万円以下、懲役5年以下)

会社などの法人

1億円以下の罰金

ごみの不法投棄を発見したら

捨てられた土地の所有者に連絡してください。
投棄現場を見た場合は、車のナンバーをメモするなどしてください。

連絡先

私有地

土地の所有者がわかる場合は所有者に、不明な場合は宗像警察署 電話番号:0940-36-0110

道路などの公共用地

宗像・遠賀保健福祉環境事務所 電話番号:0940-36-2045
市環境課 電話番号:0940-36-1421

ごみの処理

ごみを不法投棄した人が特定できない場合、土地所有者が片付けなければなりません。草刈りや日ごろからの清掃、フェンスの設置など、ごみを捨てられにくい環境づくりが大切です。

市の取り組み

ごみが不法投棄される恐れがある地点の監視パトロール、監視カメラの設置、警告看板の設置・配付

警告看板を設置したいとき

市では自治会を対象に警告看板(数量制限あり)を配布しています。希望する自治会は、自治会長から市へ要望書を提出してください。

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:0940-36-1421
ファクス番号:0940-36-0270

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。