トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 女性のための災害対応力向上講座の受講者を募集

女性のための災害対応力向上講座の受講者を募集

更新日:2017年10月18日

講座の趣旨

  • これまで、災害時の避難所においては、プライバシーや衛生、女性用物資の受け渡しなどについて、子育て世代や女性のニーズが十分に把握されにくい状況や、男性から物資を受け取りづらいといった状況がみられています。
  • 被災後の住処となる避難所の運営においては、男女がともに暮らしやすくなるよう、男性だけではなく、女性の視点も大事です。
  • このため、県では、今年度から新たに女性を対象として、男女共同参画の観点をもって災害時の対応について学び、避難所運営に女性の視点を生かすための「女性のための災害対応力向上講座」を実施します。

開催日時・会場

次の4会場のいずれか1会場を選択希望し、受講。

福岡会場

  • 日時 平成30年1月18日(木曜日)9時30分から16時30分まで
  • 会場 福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」(福岡市南区高宮3-3-1 西鉄大牟田線高宮駅付近)

飯塚会場

  • 日時 平成30年1月29日(月曜日)9時30分から16時30分まで
  • 会場 イイヅカコミュニティセンター(飯塚中央公民館)(飯塚市飯塚14-67 イイヅカコスモスコモン付近)

久留米会場

  • 日時 平成30年2月8日(木曜日)9時30分から16時30分まで
  • 会場 久留米市男女平等推進センター(久留米市諏訪野町1830-6 えーるピア久留米内)

北九州会場

  • 日時 平成30年2月20日(火曜日)9時30分から16時30分まで
  • 会場 北九州市立男女共同参画センター「ムーブ」(北九州市小倉北区大手町11-4 ソレイユホール付近)

対象者・募集人数

  • 対象者 福岡県内にお住いの女性(受講料無料)
  • 募集人数 各会場60人(計240人) 
    注 申込者が各会場ごとの定員を超えた場合は、抽選で決定します。

講座の内容

  • 講演 主役はわたしたちから避難所からのコミュニテイ形成から
    〔講師:吉村静代さん(益城だいすきプロジェクト・きままに代表、熊本県益城町仮設団地自治連合会代表)〕 
  • 講習 DVDを観て、話を聞こうから男女共同参画の視点からの防災・災害復興をテーマにしたDVDの視聴から
  • 避難用物資使用体験、学んで・使って・役立てようから間仕切り、簡易トイレなどの説明、組立から
    〔講師:NPO法人ジェンダー平等福岡市民の会、福岡市西陵校区自治協議会〕 
  • 報告1 東日本大震災の検証と課題から男女共同参画の視点からから
    〔報告者:宗片恵美子さん(NPO法人イコールネット仙台代表理事、仙台市防災会議委員)〕 
  • 報告2 平成29年九州北部豪雨における避難所現場から
    〔報告者:柳瀬ユミさん(朝倉市総務部総合政策課男女共同参画推進・青少年係長)〕 
  • 図上訓練 避難所運営ゲーム「HUG」の実施 

申込方法・募集期間

詳細については関連リンク、関連ファイルをご参照ください。

申込方法

  • 申込書に必要事項を記入の上、宗像市男女共同参画推進課(〒811-3492 宗像市東郷1-1-1 宗像市役所北館2階)へ郵送か持参。

  • 申込書については、以下の添付ファイルからダウンロード、または最寄の市町村の男女共同参画担当部署から入手。

募集期間

  • 平成29年10月23日(月曜日)から平成29年12月1日(金曜日)まで(必着)

問い合わせ先

事業に関する問い合わせ先

福岡県人づくり・県民生活部男女共同参画推進課

電話 092-643-3391
メール danjo@pref.fukuoka.lg.jp

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。