トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 時間旅行むなかた > 時間旅行ムナカタ第69回 むなかたの金属鉱山跡探訪

時間旅行ムナカタ第69回 むなかたの金属鉱山跡探訪

更新日:2016年12月10日

「新修宗像市史」専門部会の活動から
 むなかたの金属鉱山跡探訪

 自然部会は、地形・地質・化石・鉱物を研究する地学班と動植物の生態・種類を研究する生物班の計6人で構成されています。その中で、今回は地学班の活動として鉱物・鉱床の調査風景を紹介します。

 

むなかたの金属鉱山跡

 市と周辺には、いくつかの金属鉱山があります。福崎の河東鉱山は、江戸時代に福岡藩の金山として開発され、昭和30年代まで銅・鉛・亜鉛鉱石が採掘されていて、金・銀鉱も採れていました。池野の成清(なりきよ)池野鉱山も江戸時代に開発され、昭和40年代まで採掘されていたという記録があります(『宗像市史』)。

 今回は、この両鉱山跡を福岡教育大学の学生と共に、「こうもりの専門家」の協力を得て探訪してみました。その様子と成果を報告します。

 

探訪の様子と成果

河東鉱山跡探訪

 真夏の暑い日、学生10人と共に、河東鉱山跡周辺を探訪し地質調査を行いました。藪をかき分け、マムシとスズメバチに注意しながら進むこと30分、いくつかの坑口と坑道を発見。坑道内は、外より涼しく快適でしたが、しばしば、コウモリが襲ってくるように飛び交い、坑道内の岩壁には大量の体長10センチメートル程のゲジゲジがうごめいていました。ゲジゲジは1匹2匹なら怖くないのですが、坑道内には数百~数千匹はいると思われ、かなり不気味でした。都会育ちの学生たちはとても驚き、「先生、インディジョーンズみたいですね!」と面白がっている男子学生もいれば、「キャー!」と悲鳴を上げる女子学生もいて、坑道内はとても賑やかなものとなりました。コウモリとゲジゲジを恐れず、学生たちはしっかりと坑道の測量と鉱床母岩(こうしょうぼがん)(注1)と鉱石を採集し、黄鉄鉱・黄銅鉱・方鉛鉱・閃亜鉛鉱(せんあえんこう)などの硫化(りゅうか)鉱物(こうぶつ)を確認しました。また、入洞可能な2本の坑道に入り坑道の測量を行い、坑道平面図を作成しました。

 2回目の調査は、コウモリの専門家3人、学生4人と共に、河東鉱山の3本の坑道に入り、コウモリの生態観察、写真撮影を行いました。ここではアブラコウモリ、モモシロコウモリ、キクガシラコウモリの3種が確認されました。

 午後は学生4人と共に成清池野鉱山跡周辺の地質調査を行い、坑口の探査、鉱床母岩、鉱石、二次生成鉱物などを採集しました。

 

成清池野鉱山跡探訪

 福岡石の会副会長の中武俊郎さんの案内で、学生4人と共に成清池野鉱山の坑口付近の地質調査とズリ場での鉱石、二次生成鉱物(注2)の採集を行いました。ズリ場は捨石場とも書き、鉱山開発の中で不用になった鉱物・岩石を貯めておくスペースをいいます。時に珍しい鉱物の掘り出し物があるので、鉱物愛好家の中では、実はとても貴重なものです。現地は急傾斜で竹藪(やぶ)が深く、調査はかなりハードでしたが、濁(だく)沸石(ふっせき)・デクロワゾー石・褐鉛鉱などの貴重な二次生成鉱物の試料が得られました。

  • (注1)鉱物が生まれ存在している岩石
  • (注2)鉱物が水や熱で二次的に別種の鉱物に変化したもの

(新修宗像市史編集委員会、自然部会長・上野禎一)

  • 暑い中汗だくになりながら測量をした同大学学生たちの画像

    暑い中汗だくになりながら測量をした同大学学生たち

  • ぶら下がり眠るコウモリが目覚めて飛びかかり、学生は大騒ぎの画像

    ぶら下がり眠るコウモリが目覚めて飛びかかり、学生は大騒ぎ

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 郷土文化課
場所:海の道むなかた館
電話番号:0940-62-2600
ファクス番号:0940-62-2601

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。