トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 「いせきんぐ宗像 開園にあたって」 田熊石畑遺跡村づくりの会

「いせきんぐ宗像 開園にあたって」 田熊石畑遺跡村づくりの会

更新日:2015年07月14日

いせきんぐ宗像 開園にあたって
田熊石畑遺跡村づくりの会村長 山田 久 さん

 

 平成22年2月22日に国史跡の指定を受けて5年余り、いせきんぐ宗像がオープンしました。これまで、東郷地区コミュニテイ、宗像の歴史を学ぼう会、宗像歴史観光ボランティアの会など約30人によるワークショップを開催。市史跡保存整備審議会にもオブザーバーとして参加し、市民の目線で利活用面を主に提案してきました。

 平成25年4月には、いせきんぐ宗像のサポート団体として「田熊石畑遺跡村づくりの会」を発足させ、開園に向けて市と協働で具体的な活動を開始。公園の愛称募集、市民による芝生植え、「邪馬台国とムナカタ国」シンポジウムの支援など、実績を積み重ねてきました。

 開園後は、東郷地区コミュニテイ運営協議会と田熊石畑遺跡村づくりの会が、市と協働委託で、いせきんぐ宗像の維持管理や企画運営を担います。これから始まる楽しい企画や催事は、市広報紙やコミュニテイだよりなどでお知らせします。

 また、土・日曜日、祝日はボランティアが園内のガイドをしますので、ぜひ、来てください。団体の場合は、事前に申し込みをお願いします。

 

■申込・問い合わせ先 いせきんぐ宗像 ☎・ファクス(37)0182

  • 山田 久さんの画像

    山田 久さん

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 郷土文化課
場所:海の道むなかた館
電話番号:0940-62-2600
ファクス番号:0940-62-2601

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。