トップページ > よくある質問 > くらし・手続き > 税金 > 個人の住民税 > 納期限を過ぎて納付した場合について

納期限を過ぎて納付した場合について

更新日:2017年04月20日

納期限を過ぎて納付した場合、延滞金はどのように加算されますか。

延滞金の金額は納期限の翌日から納付の日までの期間の日数に応じて以下の割合で計算します。

(1)納期限の翌日から1か月までの間 → 特例基準割合に年1%の割合を加算した割合(上限7.3%)
(2)1か月を経過した以降の間    → 特例基準割合に年7.3%の割合を加算した割合(上限14.6%)
 
注:特例基準割合とは、各年の前々年10月から前年9月までの国内銀行の貸出約定平均金利(新規短期)の平均に1%を加算した割合(平成27年1月1日から同年12月31日までの特例基準割合は1.8%)。

◆参考 
   平成25年12月31日以前の期間に対応する延滞金の割合 14.6%
   平成26年1月1日以降同年12月31日以前の期間に対応する延滞金の割合  9.2%
   平成27年1月1日以降同年12月31日以前の期間に対応する延滞金の割合  9.1%
   平成28年1月1日以降同年12月31日以前の期間に対応する延滞金の割合  9.1%
   平成29年1月1日以降同年12月31日以前の期間に対応する延滞金の割合  9.0%

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 収納課
場所:市役所本館1階
電話番号:0940-36-5392
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。