トップページ > 教育・文化・スポーツ > 世界遺産登録活動 > ふるさとから世界遺産を > 世界遺産への道94 ≪宗像の風景を大切に景観法で世界遺産の価値を守ろう≫

世界遺産への道94 ≪宗像の風景を大切に景観法で世界遺産の価値を守ろう≫

更新日:2016年11月10日

 

  市では、世界遺産の構成資産候補である宗像大社辺津宮や中津宮、沖津宮遙拝所の価値を保護するため、玄海地域の大部分と大島地域を緩衝地帯に設定。主に景観法に基づいて、良好な景観づくりに取り組んでいます。

 例えば、景観の専門家「景観アドバイザー」に技術的な助言をもらい、資産周辺の公共施設のデザインや、道路に設置する防護柵やカーブミラーの色彩を景観に配慮したものにしています。また、景観にそぐわない屋外看板を取り除くこともしています。

 これらの取り組みは、宗像地域の景観を守り、未来へつないでいくための小さな一歩。今後も自然、風土、古代から連綿と続く人々の暮らしや信仰の歴史が重なり合ってできた、ふるさと宗像の貴重な景観を市民のみなさんと一緒に守っていきます。

 

  • 景観に配慮したベージュのガードレールを設置(大島)の画像

    景観に配慮したベージュのガードレールを設置(大島)

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 経営企画課 世界遺産登録推進室
場所:市役所北館倉庫棟
電話番号:0940-36-9456
ファクス番号:0940-36-6912

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。