トップページ > 教育・文化・スポーツ > 世界遺産登録活動 > イベントや進捗情報 > 国内推薦候補決定「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を世界遺産に

国内推薦候補決定「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を世界遺産に

更新日:2015年07月28日

谷井博美市長のコメント

7月28日、文化審議会において、今年度の世界文化遺産の国内推薦候補として「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が決定されました。平成29年の世界文化遺産登録に向けた大きな一歩を踏み出すことになり、これまでの登録活動に携わってくれたすべての関係者にお礼を申し上げます。
国内推薦候補に選ばれたといっても、世界遺産の本登録に向けたスタートラインに立ったに過ぎません。これからも世界遺産本来の目的である、「世界に例のない貴重な資産を後世に引き継いでいく」ため、福岡県、福津市、市民のみなさんと力をあわせてしっかり取り組んでまいりますので、みなさんのさらなるご理解とご協力をお願いいたします。

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 経営企画課 世界遺産登録推進室
場所:市役所北館倉庫棟
電話番号:0940-36-9456
ファクス番号:0940-36-6912

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。