トップページ > 教育・文化・スポーツ > 世界遺産登録活動 > ふるさとから世界遺産を > 世界遺産への道65 ≪ラッピングバスとボランティアガイドで宗像の歴史を紹介≫

世界遺産への道65 ≪ラッピングバスとボランティアガイドで宗像の歴史を紹介≫

更新日:2016年04月05日

市では、トヨタ自動車九州と協定を結び、さまざまな連携事業を実施しています。その一環として、トヨタ自動車九州が自動車の塗装技術を生かし、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」をテーマに市所有バスへラッピング。今年3月、完成しました。

作業は、写真を見ながら大きなフィルムにスプレーガンで描きます。側面には沖ノ島とみあれ祭、後方には沖ノ島で出土した金銅製龍頭と三角縁神獣鏡を描きました。

ラッピングの完成記念と海の道むなかた館開館2周年イベントを併せ、4月26日に東郷駅、海の道むなかた館、神湊をシャトル運行しました。バスに乗った吉住明さん(41歳・福岡市)、明翔(あきと)くん(3歳)親子は「宗像の魅力が1台のバスに凝縮して描かれていますね。乗り心地がよく、宗像の景色も楽しめました」と満足した様子でした。

同日、宗像歴史観光ボランティアの会による宗像大社の無料ガイドツアーも開催。ツアーに参加した安部司さん(40歳・愛知県)は「父が宗像市出身で、宗像大社にも何度か来ていて、宗像の歴史もある程度知っているつもりでした。ガイドさんはネタが豊富ですね。楽しく宗像を深く知ることができよかったです」。神宝館を見学した高田一人(かずと)さん(38歳・佐賀県)は「8万点もの国宝が神宝館に所蔵されていることを初めて知りました。展示品を分かりやすく解説してもらい、宗像の歴史の深さがよく分かりました」と、それぞれ感想を笑顔で話してくれました。


ラッピングしたバスを楽しんだ吉住さん親子

 ラッピングしたバスを楽しんだ吉住さん親子

ガイドの話を熱心に聞く参加者 (宗像大社・神宝館)

 ガイドの話を熱心に聞く参加者 (宗像大社・神宝館)

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 経営企画課 世界遺産登録推進室
場所:市役所北館倉庫棟
電話番号:0940-36-9456
ファクス番号:0940-36-6912

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。