トップページ > 教育・文化・スポーツ > 世界遺産登録活動 > ふるさとから世界遺産を > 世界遺産への道58 ≪七夕伝説と御嶽神社へ続く参道(中津宮境内)≫

世界遺産への道58 ≪七夕伝説と御嶽神社へ続く参道(中津宮境内)≫

更新日:2016年04月05日

七夕伝説と御嶽神社へ続く参道(中津宮境内)


大島の南側に位置する中津宮は、大島港渡船ターミナルから徒歩5分のところにあります。

日露戦争の戦勝を記念した鳥居をくぐると、境内左側に天の川が流れています。その川を挟んで、牽牛社(けんぎゅうしゃ)と織女社(しょくじょしゃ)があり、七夕伝説をそのままに配置されています。

筑前続風土記には、「古今集栄雅抄(えいがしょう)」などを引用し、星宮(ほしみや)と紹介されています。

天の川に棚(小さなせき)を設け、その水面に意中の人が映れば恋は成就するとされています。

毎年8月7日に実施されている七夕祭は、鎌倉時代から伝えられています。神社境内の配置は、明治期以降の鳥居や灯籠を除くと、江戸時代に描かれた絵図とほぼ変わりません。

また、社殿北側に広がる社叢林(しゃそうりん)は、県内でも珍しいバクチノキが多く繁殖するなど、原生的な空間をつくり出しています。

中津宮の境内は、海に面している部分だけではありません。社殿裏を抜けると御嶽山の山頂へ向かう参道があり、標高224mの山頂には御嶽神社があります。その周辺から、沖ノ島の露天祭祀(さいし)と同時期の祭祀遺跡が平成22年度の確認調査で発見され、中津宮の始まりを示すことが分かりました。

大島御嶽山遺跡と参道は、国の史跡「宗像神社境内」として年内に追加指定される予定です。山頂からは、沖ノ島(沖津宮)、田島(辺津宮)を見渡すことができます。古代も、この場所から、海域を航行する遣唐使船などの安全を願って、祭祀が実施されていた情景が想像できます。

 

 国指定史跡に追加となる御嶽山参道
国指定史跡に追加となる御嶽山参道

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 経営企画課 世界遺産登録推進室
場所:市役所北館倉庫棟
電話番号:0940-36-9456
ファクス番号:0940-36-6912

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。