メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民年金 > 国民年金第1号被保険者のみなさんへ(免除・納付猶予の申請について)

国民年金第1号被保険者のみなさんへ(免除・納付猶予の申請について)

更新日:2018年06月27日

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、国民年金に加入することになっています。

国民年金第1号被保険者のみなさんへ

平成29年度分の「免除(全額、4分の3、半額、4分の1)」や「納付猶予」が承認されていた人には、日本年金機構(東福岡年金事務所)から平成30年度の「国民年金保険料納付案内書」が7月上旬に発送されます。

  • 継続審査の対象になっている人には、発送されません
  • 就職して厚生年金や共済年金に加入した場合は納付しないでください

保険料納付が困難な人は免除などの申請を

保険料の納付が困難な人は、所得審査対象者の所得が基準以下であれば「免除」「納付猶予」「学生納付特例」の制度を利用できます。

申請に必要なもの

  • 基礎年金番号か個人番号が分かるもの(年金手帳、保険料納付案内書、マイナンバーカードなど)  
  • 代理人の場合は、印鑑、代理人の本人確認できるもの(運転免許証など)
  • 「学生納付特例」の場合は、学生証(コピー可)か在学証明書
  • 失業などで会社を辞めた場合は、離職年月日が確認できる公的機関の証明(雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者資格喪失確認通知書など)

国民年金保険料免除申請など

一般の免除申請

対象

納付が困難な人(学生を除く)

所得審査の対象

本人、世帯主、配偶者

申請の年度単位

7月から翌6月(7月以降受付)

申請が可能な期間

申請月の2年1月前分まで申請可

 

納付猶予申請

対象

20歳以上50歳未満の人(学生を除く)

所得審査の対象

本人、配偶者

申請の年度単位

7月から翌6月(7月以降受付)

申請が可能な期間

申請月の2年1月前分まで申請可

 

学生納付特例

対象

20歳以上の学生

所得審査の対象

本人

申請の年度単位

4月から翌3月(4月以降受付)

申請が可能な期間

申請月の2年1月前分まで申請可

 

  • 平成30年7月1日以降、納付猶予が承認された場合、継続申請を希望する人で、翌年度以降全額免除にも該当するかの審査を受けるか届書で選択できるようになりました。ただし、該当しなかった場合は、改めて一部免除や納付猶予の申請が必要
  • 一般の免除申請で、一部免除の承認を受けた場合、残りの額を納付しないと「未納期間」になり、障害基礎年金や遺族基礎年金を受け取ることができない場合があります

 

申請・問い合わせ先

市民課国民年金係(本館1階)

電話番号:0940-36-1128

東福岡年金事務所国民年金課

電話番号:092-651-7967

このページに関する問い合わせ先

総務部 市民課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民係:0940-36-1126
 国民年金係:0940-36-1128
ファクス番号:0940-34-2003

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。