トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民年金 > 国民年金保険料の納付期限を延長(後納制度)

国民年金保険料の納付期限を延長(後納制度)

更新日:2015年02月11日

国民年金制度は、20から60歳までの40年間に国民年金保険料を納めることで、満額の老齢基礎年金を受給できます。

しかし、保険料未納期間がある場合や国民年金加入の届出忘れなどで国民年金の資格期間が短い場合は、将来、年金が少なくなったり、年金そのものが受給できなくなったりする場合があります。

このような事態を避けるため、これまでは保険料を納め忘れたまま2年を超えると保険料を納めることができませんでしたが、過去10年以内の納め忘れた保険料を納めることができる「後納制度」が平成24年10月1日から3年間の期限付きで実施されています。

対象

申請月の10年以内に次のいずれかの条件を満たしている人

  • 国民年金加入の期間内に、保険料未納期間がある
  • 公的年金制度に加入していない期間がある

注:現在、老齢基礎年金を受給している人は利用不可
注:事前申込必要

問合先

  • 国民年金保険料専用ダイヤル
    電話番号:0570-011-050
  • 050、070の電話からかける場合
    電話番号:03-6731-2015
  • 東福岡年金事務所国民年金課
    電話番号:092-651-7129

このページに関する問い合わせ先

総務部 市民課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民係:0940-36-1126
 国民年金係:0940-36-1128
ファクス番号:0940-34-2003

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。