トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > 外国人の方 > 外国籍の人も「住民票の写し」が交付可能に

外国籍の人も「住民票の写し」が交付可能に

更新日:2017年09月29日

平成24年7月9日に「住民基本台帳法の一部改正」が施行され、「外国人登録法」が廃止されました。この法改正で「住民基本台帳に記載された外国籍の人(外国人住民)」にも、日本人と同様に「住民票の写し」が交付可能になりました。

外国人住民が持っている「印鑑登録証・市民カード」に、自動交付機で必要となる「暗証番号」を登録することで、自動交付機でも外国人住民の「住民票の写し」が請求できます。

注:「在留期間が3カ月を超えない」人は、住民基本台帳に記載されません

注:旧登録原票、出入国記録などに関する開示請求(平成24年7月8日以前の居住地の証明など)は、法務省入国管理局出入国情報開示係 電話番号:03-3580-4111へ

このページに関する問い合わせ先

総務部 市民課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民係:0940-36-1126
 国民年金係:0940-36-1128
ファクス番号:0940-34-2003

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。