メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > ブルガリア大使 表敬訪問

ブルガリア大使 表敬訪問

更新日:2017年9月20日

駐日ブルガリア特命全権大使のボリスラフ・コストフ夫妻が9月14日、ブルガリアフェスティバルにあわせて宗像市を訪問くださいました。
 
懇談の場には、市と交流の深いブルガリアの着物と帯を製作する活動をしているKIMONO PROJECT(注1)のみなさんも参加されました。また、同プロジェクトが帯の製作を依頼している市内在住の博多織作家・新海佳織さんの作品を披露してもらいました。

この帯は、ブルガリアの国花であるバラと、特産品のローズオイルをイメージした香水ビン、ブルガリアの国旗、赤・緑・白の三色をあしらい、裏地にも小さいバラをちりばめています。

大使夫人も「とても美しいですね。ぜひ着てみたいです。」と、とても関心を持たれていました。着物も現在、製作中ということで、完成がとても楽しみです。

とてもきさくな大使夫妻は、改めてゆっくり宗像を訪れ交流を深めることを約束してくれました。

(注1)KIMONO PROJECTとは、世界196ヶ国の伝統・文化を着物と帯にそれぞれ表現し、2020東京五輪大会を契機に、「世界はきっと、ひとつになれる」というメッセージを発信しようと活動する団体です。

  • 201709141.JPGの画像

  • 201709142.jpgの画像

このページに関する問い合わせ先

総務部 秘書政策課 秘書担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-0890
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。