メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 中国・少年野球チーム表敬訪問

中国・少年野球チーム表敬訪問

更新日:2017年8月4日

8月1日、中国・深センの野球少年団25人が表敬訪問に来てくれました。

この訪問はNPO法人日中青少年交流推進協会がコーディネートし、宗像市内の少年野球チーム玄海サンジュニアとの交流で宗像を訪問した際に行いました。この協会の理事長の豊岡孝章さんは宗像市出身で、西南学院大学野球部で活躍、大学卒業後に青年海外協力隊として中国で野球を指導しました。その後、四川省少年野球クラブを創設して、日中青少年交流を目的に2011年から今まで日中双方の子ども達の野球交流に取り組んでこられました。

今回の深センの野球少年団の最年少は8歳でしたが、全員「野球が楽しい」と答えてくれ、中には将来プロ選手になりたいと元気に話してくれた子どももいました。きっと将来、野球を通して日中友好の懸け橋になってくれると思います。
  • 201708011.JPGの画像

  • 201708012.JPGの画像

このページに関する問い合わせ先

総務部 秘書政策課 秘書担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-0890
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。