トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長ブログ > 2017年 > 1月13日、長野県松本市との「災害時相互応援に関する協定」調印式

1月13日、長野県松本市との「災害時相互応援に関する協定」調印式

更新日:2017年1月13日

1月13日、長野県松本市にて「災害時相互応援に関する協定」を締結しました。

本市と松本市は平成25年度から都市間交流を実施しており、これまで「サイトウキネンフェスティバル」や「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」をユリックスで生中継するスクリーンコンサートや、松本市がリンゴの名産地でもあることから、毎年宗像大社へリンゴを奉納いただき、昨年11月には本市の全小学校の給食にリンゴをいただきました。また、双方が行う子ども交流では、今年の1月4日から6日まで本市の10人の子ども達が松本市を訪問し、現地の子ども達との交流や乗鞍高原での雪遊び体験等を実施しました。

このように、本市と松本市は遠隔地でありながら、距離を感じさせない密な交流を実施しております。そして今日の「災害時相互応援に関する協定」の締結に至りました。

県域を超えた大規模災害が発生した場合、同等の被害を受ける近隣及び県内の自治体からの応援を受けることが難しく、遠隔地の自治体の応援が必要になってきます。

宗像市には西山断層帯も走っており、津波、高潮を受ける恐れもある為、有事に備え松本市との協定により応援体制が確立されたことは大変心強いものがあります。この協定の締結を機に、更に本市と松本市の交流を深めてまいりたいと思います。

  • DSC02381.JPGの画像

    菅谷(すげのや)松本市長と調印を交わしました

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 秘書担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-0890
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。