26年度むなかたタウンプレス12月1日号
7/16

(7)平成26年12月1日No.281お知らせむなかたタウンプレス国・県などから市 か ら●日時 12月10日(水)午前10時~午後3時●会場 東郷コミセン・カルチャールーム●内容 成年後見制度、相続、遺言、財産管理、葬儀・納骨などの死後事務など●相談員 同サポートネット役員、会員●申込締切日 12月8日(月)■申込・問い合わせ先 NPO法人高齢者・障害者安心サポートネット宗像(本田)☎090(4351)5986提案制度提案制度提案制度●日程 平成27年1月19日(月)~同30日(金)の月・水・金曜日で6日間、30時間●時間 午前9時30分~午後3時30分●会場 市役所本館3階・304会議室●対象 県内(福岡市、北九州市を除く)在住の母子家庭の母、父子家庭の父、母子家庭だった寡婦で就職・転職を希望している人●定員 12人*書類選考。受講の有無は個別に連絡*開講人数に満たない場合は中止●受講料 無料*別途、テキスト代 1000円必要●託児 無料(1歳~就学前)*事前予約制●申込締切日 12月19日(金)●提出書類 申込書*申込書は、市子ども家庭課、県保健福祉環境事務所社会福祉課で入手か、県母子寡婦福祉連合会HPhttp://fukuoka-kenboren.jp/からダウンロード可●申込先 県ひとり親家庭等就業・自立支援センター(飯塚ブランチ)▽郵送=〒820・0004/飯塚市新立岩8・1/嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所内▽FAX0948(21)0391■問い合わせ先 同センター(飯塚ブランチ) ☎0948(21)0390高齢者・障がい者のための無料法律相談会ひとり親家庭のためのパソコン講習会「基礎~応用」●任用開始日 平成27年4月1日(水)●業務内容 市営渡船の運航業務*採用後は、業務の都合上、地島か大島に居住を要します●受験資格 昭和40年4月2日〜平成9年4月1日に生まれた人で、6級以上の海技士(機関)の資格を持つ人●募集人数 1人程度●試験日 平成27年1月24日(土)●試験会場 市役所*申込・必要書類などの詳細は、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/→「職員採用」→「平成26年度宗像市職員採用試験」で確認か、人事課(本館2階)で入手可●申込期間 12月10日(水)~平成27年1月9日(金)●申込先 人事課▽市HP(前述)→「平成26年度宗像市職員採用試験案内」*原則、ホームページからの申込を▽郵送=〒811・3492/住所不要*申込締切日消印有効▽窓口*土・日曜日、祝日、年末年始を除く■問い合わせ先 人事課☎(36)5051市職員募集(海事職職員) 4月からの消費税率引上げによる負担を緩和するため、対象者には、給付金が支給されます。 該当する可能性のある人には、7月上旬に申請書を送っています。申請書が送られてきた人は、対象者の要件を確認し、申請してください。 申請の受付は平成27年1月5日(月)までです。受付期間内に申請をしない場合は、辞退として取り扱いますので、必ず期間内に申請をしてください。●対象者 平成26年度分の住民税が課税されていない人*課税されている人の扶養親族や生活保護受給者を除く●支給額 1人につき1万円。左記の加算対象者は 5000円加算【加算対象者】▽基礎年金受給者(厚生年金や共済年金は対象外)▽児童扶養手当、特別障害手当などの受給者●受付締切日 平成27年1月5日(月)消印有効■問い合わせ先 保健福祉政策課 臨時福祉給付金担当 ☎(36)0675臨時福祉給付金の申請期間が終了間近です12月1日は世界エイズデー(World AIDS Day)ですエイズとHIVの違いが分かりますか?健康診断や人間ドックを受けるのと同じようにHIVの検査を HIVに感染しているかどうかは、血液中のHIV抗体の有無を調べることで分かります(HIV抗体検査)。1人で心配していても、検査を受けない限り感染の有無は分かりません。 感染を疑う理由があるときはもちろん、健康診断や人間ドックを受けるのと同じようにHIV検査を受けましょう。 HIVは、免疫不全(免疫がうまく働かなくなること)を引き起こすウイルスであり、HIV感染症の進行により免疫不全に陥った状態をエイズといいます。HIVはウイルスの名称、エイズは病気の名称です。 エイズ患者は同時にHIV感染者でもありますが、HIVに感染していても症状が出ないうちはエイズ患者とはいいません。●エイズ予防情報ネット ▽HPhttp://api-net.jfap.or.jp/ ▽携帯サイトHPhttp://api-net.jfap.or.jp/i●(財)エイズ予防財団・電話相談 ▽0120(177)812 ▽携帯電話から☎03(5259)1815*月〜金曜日の10:00〜13:00、14:00〜17:00 (年末年始と祝日を除く)Q.どこで受けられるの? 全国の保健所で、匿名・無料で受けることができます。もし生活圏内の保健所を利用するのが不安であれば、離れた場所の保健所で受けることも可能です。【最寄りの検査機関を知りたいときは以下のサイトで確認を】▽HIV検査・相談マップHP http://www.hivkensa.com/▽携帯サイトHP http://www.hivkensa.com/iQ.いつごろ受ければいいの? HIVに感染していたとしても、体内に抗体が作られるまでに最低でも3〜4週間かかります。正しい結果を知るためには、感染した疑いのある日から1カ月たった頃に検査をし、たとえ陰性でも、2〜3カ月後頃に再検査するようにしましょう。●特定感染症相談・検査 (エイズ・梅毒・クラミジア)*火曜日の9:00〜11:00(祝日を除く)*検査は予約制 宗像・遠賀保健福祉環境事務所  保健衛生課感染症係  ☎(36)6098■問い合わせ先 国保医療課国民健康保険係 ☎(36)1363エイズの情報提供、相談窓口「臨時福祉給付金」を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」に注意してください 世界保健機関(WHO)が、1988(昭和63)年にエイズ問題への人々の意識を高めることを目的として制定しました。世界レベルでエイズ予防の重要性が呼びかけられているにも関わらず、日本でも感染者は増加傾向にあります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です