26年度むなかたタウンプレス11月15日号
13/14

(13)平成26年11月15日No.280むなかたタウンプレス生活習慣の見直しで高血圧を予防しようお知らせその言葉 いじめにつながる 第一歩(次郎丸万ま莉り・中央中1年)「やめようよ」 あなたを守る 合い言葉(小池光ひかる・自由ヶ丘中1年)■長男が高校からラグビー部に入部。これを機に、急にラグビーのルールを調べたり、記事が目に付いたり…■応援も楽しく、チーム一丸となって闘う姿に感動。みなさんも、宗像サニックスブルースの試合を観戦してみては?■きっと、ラグビーの魅力に気づき、ブルースを応援したくなるはず!      (く)■40年ぶりに実施された宗像大社本殿の保存修理がもうすぐ終了する。保存修理のたび、伝統技術と文化財を後生に伝えてきた■文化財だけでなく、景観計画・景観条例の運用開始などでまち並みも残していこうという動きも始まっている■いつまでも「なつかしい」と思える宗像のまち並みであってほしい  (お)■天然ふく水揚げ県内一の鐘崎漁港では「鐘崎天然ふくフェア」が開催中。今年の冬は食べてみたい■11月は「食育・地産地消強化月間」。市内全小学校では、カナトフグをはじめとする郷土料理が給食に登場する■これからも地元産の農水産物や郷土料理の良さに関心を持ちおいしく学び伝えたいと思う     (か)編集後記ワン&オンリーの会宗像「子育てについて交流お話会」●日時 11月27日(木)午後1時30分〜同3時●会場 河東コミセン・和室B●内容 助産師から伝えたい話、個別相談など●参加料 300円*事前申込不要■問い合わせ先 宗像地区助産師会(松浦) ☎090(1975)6739【追加日程(平成27年)】場 所日 程備 考市役所北館1階・103会議室1月24日(土)1月25日(日)特定健診・がん検診に加え「節目健診」も実施河東コミセン(旧中央公民館)2月2日(月)2月9日(月)2月16日(月)2月23日(月)市役所・健康づくり課(西館1階)3月5日(木)3月19日(木)大腸がん検診のみ住民健診の日程追加 市住民健診の日程を追加しました。申込方法など、詳細は問い合わせを。*メイトム宗像改修工事のため、例年とは会場が異なります■問い合わせ先 健康づくり課 ☎(36)1187第93 回 「循環器疾患」は、市国保の医療費ワースト1で、約15%を占めます。中でも一番身近な高血圧の予防・改善について保健師が紹介します。■問い合わせ先 健康づくり課 ☎(36)1187大森保健師 「血圧」とは、血液が流れるときに血管の壁に与える圧力のことです。この圧力がかかり過ぎている状態を高血圧といいます。 血圧は、図1のように分類され、特定健診では、 高血圧は放っておくと、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。これに、高血糖や脂質異常、内臓脂肪の蓄積などが重なると、その可能性はさらに高くなります。動脈硬化は全身の血管で起こります。例えば、心臓や脳で起こると心筋梗塞や脳卒中を引き起こし、腎臓で起きれば腎不全で人工透析が必要になり、生活に大きな影響を与えます。 特定健診では、血液検査、尿検査、医師の診察などを通して、血糖値やコレステロール値などが分かり、動脈硬化のリスクを知ることができます。また、心臓や腎臓などの高血圧って何?特定健診結果から動脈硬化のリスクを知ろうⅠ度高血圧以上になると「要医療(医療機関の受診が必要)」と判定されます。平成24年度の市特定健診結果をみると、Ⅰ度高血圧以上の人は945人、受診者全体の16・8%でした。血圧値の分類(mmHg)〔図1〕180160140130120808590100110(mmHg)収縮期血圧拡張期血圧至適血圧正常血圧正常高値血圧軽症高血圧(Ⅰ度高血圧)中等度高血圧(Ⅱ度高血圧)重症高血圧(Ⅲ度高血圧)直ちに生活習慣改善、医師の指示での薬物治療が必要です生活習慣改善が必要です。1~3カ月以内に再測定して、高ければ医師の指示での薬物治療が必要です正常血圧ですが高めです。生活習慣を改善しましょう 高血圧の主な要因には、「食塩のとり過ぎ」「肥満」「運動不足」「お酒の飲みすぎ」「喫煙」「ストレス」などがあります。高血圧を予防・改善するこれらは、生活習慣と関係しているので、高血圧を予防・改善するためには、生活習慣を見直して、これらの要因を1つずつでも改善していくことが大切です。 とくに、①減塩する②野菜をしっかり食べる③食べすぎを防ぐ④適度な有酸素運動を継続するなどはお勧めです。 血圧が高い人は、医師の診察を受けましょう。薬を飲むことに抵抗を感じて受診をためらう人もいますが、医師の判断に応じて薬を飲んで血圧を下げ、血管にかかる負担を減らせば、重大な病気を予防することができます。 市では、「健診結果相談」「減塩講座(ルックルック講座)」など、高血圧に関する相談や講座を実施しています。市広報紙の毎月1日号では、減塩ワンポイントを掲載しています。活用してみてください。動脈硬化が進行すると重大な病気を引き起こす恐れが…脳の血管脳卒中心筋梗塞腎不全閉塞性動脈硬化症へいそく心臓の血管腎臓の血管足の血管放置すると…(図2)特定健診の結果(健康診断個人票)状態も分かります。特定健診を受けたら、結果(健康診断個人票)(図2)をよく見て、自分の体の状態を確認しましょう。*住民健診の日程を追加しました(下表参照)。受診がまだの人は、ぜひ受けてください

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です