26年度むなかたタウンプレス11月1日号
11/17

No.279むなかたタウンプレス平成26年11月1日(14)お知らせ●ステージイベント▽宗像国際環境100人会議報告発表 他●市民環境団体などによる啓発展示、活動紹介●リサイクルマーケット●景品が当たるクイズラリー●飲食物の販売(宗像市食生活改善推進会・宗像まごころ市運営協議会)*駐車場は数に限りあり。乗り合わせるか、ふれあいバスの利用をメイトム宗像生き物にやさしい宗像を目指して!!ストップザ温暖化 むなかた環境フェスタ2014実行委員会が、市民の環境意識向上を図るため、環境フェスタを開催します。今年は、PM2.5講演会も開催。*詳細は、市広報紙11月15日号と同時配布のリーフレットで確認を■主催・問い合わせ先 むなかた環境フェスタ2014実行委員会事務局(環境課内) ☎(36)142111月23日(日・祝)10:00~15:00むなかた環境フェスタ2014クリーンアップむなかた環境美化活動 市では、平成21年度から市民サービス協働化提サニックスの海岸・道路清掃活動案制度をスタートさせ、環境美化活動団体クリーンアップむなかたを軸に、市民環境美化ボランティア活動への参加要請(登録制)を進めています。 その活動団体の一つ、株式会社サニックスでは、平成6年から社員に対する総合研修の一環として、環境美化活動を実施しています。「仕事が教育で、教育が経営である」を経営理念に掲げ、参加した社員は、目標達成に向け連帯感を持って取り組んでいます。 8月26日、研修センターから最終地点ロイヤルホテルまでの総距離25㌔を歩きながら清掃しました。 伊藤浩研修センター長は「環境美化活動がスタートした当時は、参加人数は50人。ごみのあまりの多さにショックを覚えました。活動を始めて【訪問家庭】●訪問予定日時 12月23日(火・祝)午後6時~同9時●内容 家庭から事前にサンタクロース訪問家庭とボランティアスタッフ募集預かったプレゼントを持って、サンタクロースを装い家庭を訪問 ●対象 市内在住で小学3年生以下の子どもがいる家庭●定員 先着20家庭●料金 1家庭500円【ボランティアスタッフ】●応募資格 当日と事前の会議や準備に参加できる、市内か近郊在住の20~30歳の人●定員 先着15人【共通事項】●申込締切日 11月25日(火)●申込必要事項 ①住所②氏名③年齢④性別⑤電話番号●申込先 福岡県青年の会宗像ブロック(藤岡) ☎090(7383)3273*電話は午後8時以降▽メールjc7thj288bxe3 清掃活動に取り組むサニックス社員wyg03qt@docomo.ne.jp■問い合わせ先 同ブロック(藤岡) ☎090(7383)3273●日時 12月13日(土)、同14日(日)午前9時~午後3時*全2回●場所 同大学・第一武道場●講師 楢﨑教子さん(同大学保健体育講座准教授)●対象 高校生●定員 先着20人●受講料 2000円*各自でスポーツ安全保険に加入を●申込締切日 11月21日(金)福岡教育大学公開講座「勝つための実践的柔道テクニック」●申込必要事項 ①住所②氏名(ふりがな)③年齢④性別⑤電話番号⑥あればメールアドレス⑦講座名●申込先 同大学連携推進課▽郵送=〒811・4192/赤間文教町1・1▽FAX(35)1700▽メールtrenkei@fue.ac.jp■問い合わせ先 同大学連携推進課 ☎(35)1238●相談日時 毎週火〜日曜日、第4月曜日の午前9時〜午後5時30分●場所 福岡県運営適正化委員会事務局(福岡県社会福祉協議会)/春日市原町3・1・7クローバープラザ4階福祉サービス苦情解決事業住宅団地を再生第2回専門家会議を開催 市では、日の里や自由ヶ丘などの大規模住宅団地をモデルとして団地の再生を探る「都市再生プロジェクト専門家会議」の第2回会合を9月24日に開きました。会議には有識者や民間事業者らが参加し、意見交換を実施。来年2月ごろまでに提言を取りまとめることにしています。 第2回会合では、集合住宅の建替事業の先進事例と、「都市縮減期の戸建て住宅地における空き家・空き宅地の増加問題について」と題する研究報告の話題が提供され、活発な意見交換が実施されました。一部の地域で「100坪以上の広い住宅地をどのように生かすべきか」など、さまざまな意見が述べられました。人口減少と少子高齢化が進み、空き家が増加していく中で、宗像の良さを生かして団地のにぎわいをどう創出するのか、団地の機能をどう維持していくのか、次回以降でも議論を深めていくことで閉会しました。■問い合わせ先秘書政策課定住化推進担当 ☎(36)1284*電話、ファクス、手紙での相談も可●内容 福祉施設や在宅福祉サービスなどで提供される福祉サービスの苦情を解決●対象 苦情について事業所との話し合いで解決しない、直接話しにくいなどで困っている福祉サービスの利用者や家族●相談料 無料*詳細は問い合わせを■相談・問い合わせ先 福岡県運営適正化委員会事務局(福岡県社会福祉協議会)▽☎092(915)3511▽郵送=〒816・0804/(前述)▽FAX092(584)3354▽窓口今年で20年。現在まで約2万4000人が参加していますが、いまだにごみが減らないことに憤りを感じます。ごみの分別や処理は大変で手間もかかっていますが、この研修が地域のみなさんに貢献できていることを誇りに思います」と語ってくれました。 研修に参加したサニックス社員と研修センター職員のみなさん、本当にお疲れさまでした。■問い合わせ先 環境課 ☎(36)1421エコトンもくるよ!毎日落ち葉を集めている河東中の生徒たち安部奈都美さん・3年生日時場所内容河東中学校「Green Revolution」ステージイベントで発表する石けんの型抜き体験 「環境について自分たちにできることから始めよう」。 その思いから、校内の落ち葉を集めて堆肥化する取り組みを始めました。最初は宗像国際育成プログラムに参加した5人での活動でしたが、徐々に活動の輪が広がっています。いつか作った堆肥を使って花や緑でいっぱいの学校にしたいです。そして市内全域に、この活動の輪が広がってほしいと思っています。ぜひ環境フェスタで私たちの発表を聞いてください。みなさんも、できることから始めてほしいなと思います。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です