26年度むなかたタウンプレス10月15日号
9/18

(9)平成26年10月15日No.278むなかたタウンプレス学びの里が始まります。 平成24年8月、子ども・子育てをめぐるさまざまな課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」という法律ができました。この法律と関連する法律に基づいて、幼児期の教育や保育、地域の子育て支援の拡大や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月にスタートします。■問い合わせ先 子ども育成課 ☎(36)1214❶利用手続きはどう変わるの?❸利用できる施設は?❹新制度の利用の流れ❺保育料はいくらになるの?❷現在の幼稚園や保育所はどうなるの? 保育所と認定こども園を利用する場合は、下記の区分の認定を受けることになります。認定申請と利用申込は同時に実施しますので、手続きの時期や流れが大幅に変わるわけではありません。平成27年度に幼稚園の利用を希望する場合の認定申請は不要です。 保育所、認定こども園、幼稚園では、保育料が異なります。 小学校就学前の子どもが通う施設として、幼稚園や保育所に認定こども園が加わります。現在の幼稚園、保育所は、必ず認定こども園になるわけではありません。各施設が、どのように運営していくかを決めることになっています。就労などのため、家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設夕方までの保育の他、延長保育を実施利用時間保育所、認定こども園の保育料幼稚園の保育料●保護者の所得に応じて、教育・保育に要する費用の一部を、 保育料として負担してもらいます●保育料は、今後、国が定める基準を上限に市が定めます●保護者の所得にかかわらず、各施設が保育料を定めます●保護者には、所得に応じて、就園奨励費補助金が交付されます保育所0〜5歳小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を実施する学校昼過ぎごろまでの教育時間の他、園によって預かり保育などを実施利用時間夕方までの保育の他、延長保育を実施。昼過ぎごろまでの教育時間の他、預かり保育などを実施利用時間幼稚園3〜5歳教育と保育を一体的に実施する施設認定こども園0〜5歳市に「保育の必要性」の認定申請・利用申込11▽市から認定証が交付▽市が利用調整23利用先決定幼稚園に直接認定申請・利用申込1幼稚園から入園の内定2幼稚園と契約3幼稚園を通じて市から認定証が交付4幼稚園に直接利用申込幼稚園から入園の内定23幼稚園と契約東海大学付属自由ヶ丘幼稚園認定こども園(教育利用)1号認定赤間保育園、恵愛保育園、西海保育園、日の里東保育園、日の里西保育園、野ばら保育園、野ばら第二保育園、第二赤間保育園、玄海風の子保育園、平等寺保育園、ひかり幼育園、かとう保育園、東海大学付属自由ヶ丘幼稚園(保育利用)保育所・認定こども園(保育利用) 2号・3号認定赤間くるみ幼稚園、浄徳寺幼稚園、東郷信愛幼稚園、日の里幼稚園、博多のびっこ幼稚園、玄海ゆりの樹幼稚園、玄海ゆりの樹幼稚園地島分園、福岡教育大学附属幼稚園*保育料は従来通り園が定めます。幼稚園就園奨励費制度も継続します幼稚園 認定申請不要3つの認定区分子どもが満3歳以上で、教育を希望する場合。1号認定幼稚園、認定こども園利用先教育標準時間認定子どもが満3歳以上で、国が定める「保育の必要な事由」に該当し、保育所などでの保育を希望する場合。2号認定保育所、認定こども園利用先満3歳以上・保育認定子どもが満3歳未満で、国が定める「保育の必要な事由」に該当し、保育所などでの保育を希望する場合。3号認定保育所、認定こども園利用先満3歳未満・保育認定対 象1号認定対 象2号認定3号認定対 象1号認定2号認定3号認定一時預かりなど認定こども園認可保育所幼 稚 園幼 稚 園幼 稚 園幼 稚 園幼 稚 園認定こども園認定こども園認定こども園認定こども園認可保育所認可保育所認可保育所認定こども園認可保育所認定こども園認定こども園認可保育所希望すれば2号から1号認定に変更ができ、同じ認定こども園の教育利用に異動できる東海大学付属自由ケ丘幼稚園(保育利用)は1歳以上《利用できる施設》《利用できる施設》2号1号2号1号2号1号3号1号2号2号2号3号2号3号1号3号満3歳以上である通っている「幼稚園」が認定こども園に移行する就労(月60時間以上)など、保育を必要とする事由に当てはまる「幼稚園」に通っている満3歳以上である《現在の状態》は いいいえ満3歳以上である満3歳以上である就労(月60時間以上)など、保育を必要とする事由に当てはまる就労(月60時間以上)など、保育を必要とする事由に当てはまる「保育所」に通っている「幼稚園」も「保育所」も通っていない2号1号

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です