26年度むなかたタウンプレス10月15日号
10/18

No.278むなかたタウンプレス平成26年10月15日(10)学びの里大薮 善次郎 園長 成長の過程も早さも違う子どもたち一人一人に合った保育を心がけています。 キリスト教保育、お弁当保育を通して心の育ちを助け、年間行事の運動会や遠足、クリスマス会の他、お店屋ごっこ遊びや陶芸、クッキー作りなどを通し、さまざまなことを体験できるようにしています。東郷信愛幼稚園 田熊5丁目 ☎(36)1137高杉 洋史 園長 満3歳児クラス、年少、年中、年長とも2クラスずつの8クラスで、それぞれ担任と副担任のチームティーチングです。2人の主任が2学年ずつサポートしています。園長は、自然教育、特に、野菜作りや動物を育てるのが好きす。近くの農家の協力を得て、子どもたちと思いっきり野菜の収穫をしながら、精神性の強さや思いやり、自信を育てています。教諭は、芸術分野が好きで、音楽や絵画が得意です。特に、和太鼓のチーム演奏に自信を持っています。地島に分園もあり、温かい人間関係の元、保護者と幼稚園が二人三脚で子どもを見守り、幼児教育にまい進しています。玄海ゆりの樹幼稚園 上八・地島 ☎(62)2075井 美千代 園長 「興味から生まれる無限の可能性を伸ばしていく」。子どもの可能性を伸ばすために、豊かな心・健康で、たくましい体、考えてやり抜く力を、バランスよく育む教育を実施しています。行事もスポーツ大会を取り入れ、綱引き大会、サッカー大会、相撲大会、縄跳びなども実施しています。マラソンは、行事以外は、毎日園庭を5分間、全員で走ります。子どもたちの様子に注意をしながら見守って、子どもたちに ぴったりなカリキュラムを作成しています。話を聞く練習やフラッシュカードを使ったゲーム感覚のプログラムも実施しています。満2歳児クラスもあります。毎日コースと週3日コースがあります。給食は、完全給食で、アレルギーの子どもにも対応しています。親子で一緒に楽しんだり、幼稚園生活を体験できたりする「未就園児対象の先生と遊ぼう」もあります。日の里幼稚園 日の里2丁目 ☎(36)0056副田 遣けん爾じ 園長 保育理念は、「全ての命を平等として、お互いを尊重し合う」という仏教の基本理念。教育方針は、「仏様を拝む子」「ありがとうの言える子」「よくきく子、仲良くする子」です。 ゆとりを持った保育を実施することで、素直な温かい子どもを育て、さまざまな行事を通して子どもたちそれぞれの個性を伸ばしていく保育を実施しています。浄徳寺幼稚園 光岡 ☎(36)2534福岡教育大学附属幼稚園 赤間文教町 ☎(35)1262緒方 靖子 園長 季節の移り変わりを感じられる木々に囲まれた園庭から、元気な子どもたちの声が響いています。子どもたちの自立心を育てながら、年齢混合クラスで心の成長、年齢別活動の中で発達段階に応じた成長を促していきます。栽培、調理活動を通した食育や園外保育での自然との触れ合い、水泳・体育・英語教室など、保育の中で子どもたちの五感を通した多くの実体験ができるように活動をしています。博多のびっこ幼稚園 日の里7丁目 ☎(36)7473秋山 秀二 園長 年間を通して、「泥んこ遊び」「田植え」「稲刈り」「いちご狩り」など、地域の環境を生かし、豊かな心を育てる体験活動をたくさん実施しています。「かるた大会」「英語遊び」「理科遊び」などを通して、知的好奇心を一人一人に応じて高め、「朝の体操」「乾布摩擦」「縄跳び」を実施し、体力・健康づくりに努めています。教育方針は「強く、正しく、愛らしく」、合言葉は「元気、笑顔、やる気」をモットーに、家族や友人、自然を愛し、夢を育む子どもの育成に努めています。赤間くるみ幼稚園 冨地原 ☎(33)3501奥村 智美 園長 大島の文化、歴史、地域とのつながりと、異年齢での関わりを土台に保育を実施しています。海の恩恵をたっぷり受けて、のびのびとたくましく遊びます。3歳児になると、自分で家から保育所まで登園します。自立の一歩を地域のみなさんがおおらかに見守ってくれます。大島の豊かな自然の中で、ゆっくり根を張り育つ子どもたちです。平成27年度 「子ども・子育て支援新制度」利用者説明会 ● へき地保育所 ●●日時 10月19日(日) 10:00〜11:00(予定)●会場 市役所北館1階・103会議室*詳細は、市広報紙10月1日号か、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/→ 「市内にお住まいの方」→「教育・文化・スポーツ」→「子育て支援」で確認を■問い合わせ先 子ども育成課 ☎(36)1214病後児保育事業すくすくくらぶ 病気の回復期で集団生活が難しく、家庭で保育できない場合、宗像医師会で一時預かりをしています。*事前登録必要●対象 市内在住の生後3カ月~小学3年生●利用料金 1日2,500円*利用は予約制で、かかりつけ医の連絡票が必要■問い合わせ先▽すくすくくらぶ ☎(37)3536▽子ども育成課  ☎(36)1214保育所・幼稚園・認定こども園の紹介パネルを展示【市役所1階ロビー】●期間 10月15日(水)~同31日(金)【子どもまつり(宗像ユリックス)】●日程 11月3日(月・祝)*各園のパンフレットなども設置。全園の活動を見ることができます平成27年度の募集市立大島へき地保育所●対象 大島在住か、保護者が大島で勤務する2歳~就学前の児童●保育時間 8:30~17:00●申込締切日 平成27年1月5日(月)~同30日(金)●申込先 大島行政センター*印鑑持参■問い合わせ先 ▽大島行政センター ☎(72)2211 ▽子ども育成課   ☎(36)1214大島へき地保育所 大島 ☎(72)2534中村 武徳 園長 学校法人東海大学直系の付属幼児教育機関。創立42年目を迎え、学園スケールメリットを生かした教育・保育内容を展開し高い評価を得ています。平成27年4月から幼保連携型認定こども園として再スタート。従来の3~5歳児の受け入れを中心に、新たに3歳児未満を対象とした受け入れを計画しています。単に幼稚園の中に保育所を併設するのではなく、保育と教育が融合し、幼稚園の魅力を生かしバランスの取れた幼児の育成を目指します。● 認定こども園 ●(仮称)認定こども園東海大学付属自由ケ丘幼稚園田久1丁目 ☎(32)1119● 幼稚園 ●吉田 眞理 園長 「豊かな心をもち、自己を十分に発揮し、心身の調和のとれた発達と生きる力の基礎を身につけた幼児の育成」を教育目標とし、たくましい子どもの育成に取り組んでいます。 平成25年11月、「園児の育ちを促し、対話が広がる附属幼稚園」をコンセプトに、園舎を新築・改修しました。園児たちは、光と木の温もりがある遊びの空間や、桜・イチョウ・クスの大木に囲まれた広い園庭で、自然を楽しみながら遊びを工夫し、友達との触れ合いや交流を楽しんでいます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です