26年度むなかたタウンプレス9月15日号
8/16

No.276むなかたタウンプレス平成26年9月15日(8)市では、市の広報紙、ホームページに掲載する広告を募集しています。詳しくは、秘書政策課広報・報道担当☎0940(36)1055までコ、木登り体験などを提供しています。この他にも、地元農家の協力を得て「イチゴ狩り」などの農業体験を実施しています。 池野地区の子どもたちは、玄海東小学校と河東西小学校、玄海中学校と河東中学校に通っています。他のコミュニティと違い、小学校も中学校も2つの学校にまたがっています。そのため、日頃から、地域では子どもたちの交流が少ない状況です。そこで、相互交流や小学6年生を中心に、集団で自然体験活動や宿泊活動を通して協力の在り方やたくましく生きる力を身につけることなどを目的として、コミュニティの青少年育成部会がイングループリーダー研修を実施しています。お知らせ・学びの里 市内3大学と市の連携・協力を進める「むなかた大学のまち協議会」では、「だれでも、いつでも、どこでも学べる大学のまち」を目指し、本年度から「むなかた大学のまちゼミナール」を開講します。その一環として、「国際化、グローバル化」をテーマに、各大学の専門性や特性を生かした公開講座を実施します。受講無料。●申込締切日 9月25日(木)●申込必要事項 ①講座番号②住所③氏名④年齢⑤電話番号⑥講座(2)はシャトルバス利用の有無●申込先 同協議会事務局子どもにやさしいまちむなかた第27回市 か ら講座番号講座内容の問い合わせ先内 容(1)東海大学福岡短期大学学生支援室☎(33)1316【世界の航空会社のグローバル戦略〜KLMオランダ航空はなぜ九州に上陸したか】●日時 9月27日(土)11:00〜12:00●場所 同大学・2号館●講師 水元淳一郎さん(エールフランス航空、KLMオランダ     航空九州・沖縄地区営業部長兼福岡支店長)●定員 先着70人(2)日本赤十字九州国際看護大学地域連携室☎(35)7001【世界の看護教育~学生が見たアジアの看護教育~(学生発表)】▽インドネシア共和国アイルランガ大学看護学部交換研修参加報告▽国際保健・看護Ⅱ/ベトナム研修報告●日時 9月28日(日)14:00〜15:30●場所 同大学・104講義室●定員 先着120人*赤間駅南口から無料シャトルバス運行(13:00発)(市コミュニティ・協働推進課)▽ハガキ=〒811・3492/住所不要▽FAX(36)0270▽メールkomyunit@city.munakata.fukuoka.jp*本年度は、3大学で計6本の公開講座を予定。詳細が決まり次第、市広報紙などでお知らせします■問い合わせ先 同協議会事務局(コミュニティ・協働推進課)☎(36)5394池野地区地域も元気!地域も元気!子どもが元気な地域は子どもが元気な地域はむなかた大学のまちゼミナール公開講座 子ども基本条例は、第6条で子どもたちの「豊かに育つ権利」を保障しなければならないとしています。実際に地域では、豊かな人間性や生きる力を育むために、さまざまな形で子どもたちに体験活動の機会や活躍の場を提供しています。今回は池野地区の取り組みを紹介します。自然を利用してさまざまな体験活動 池野地区は、次世代を担う子どもたちの豊かな育ちの一助になればと、地域の豊かな自然に親しませる体験活動をしています。地元の神社の境内を「森の王国しときでん」と題して森の木々を利用し、巧みなロープワークで綱渡りやブランイングループリーダー研修ではカヌーにも挑戦リーダーとして成長していく子どもたち 毎年、県立少年自然の家「玄海の家」を会場に、1泊2日の日程でイングループリーダー研修を実施。この研修には、中学生もスタッフとして参加しています。 昨年まで研修生として参加したスタッフの永野恵里佳さん(玄海中1年)と松永あいさん(河東中1年)は「小学生の子どもたちが年を重ねるごとにリーダーとして成長していく姿をみることができる研修です。お勧めは『海の活動』。ここの海はいろいろな人がごみ拾いなどを実施して、きれいに保たれていて『みんなに守られているなぁ』と感じることができるからです」と、研修の良さを話してくれました。 さまざまな活動を通して子どもたちは、先輩や大人の頑張っている姿を間近に見ることで、地域の人たちの存在や素晴らしさを知り、憧れや手本にしています。このように池野地区には大人の背中を見て子どもが育つ環境が残っています。■問い合わせ先 子ども育成課☎(36)121412月3日~同9日「障害者週間」美術作品募集●募集作品 絵画、写真、絵手紙など*1人1点。A3サイズまで*作品を展示するときに画びょうなどで穴が開かないように、作品の裏に一回り大きな画用紙などを貼る●応募要件 市に在住、通勤、通学、通所している障がいのある人●その他 作品は全て返却(返却費用は応募者の負担。窓口での返却も可)*作品展示期間や場所は未定。問い合わせを●募集期間 9月16日(火)~11月14日(金)●提出書類 所定の応募用紙*応募用紙は福祉課(北館1階15番窓口)で入手か、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/からダウンロード可●申込先 福祉課▽郵送=〒811・3492/住所不要▽窓口*受付は月〜金曜日の午前8時30分〜午後5時■問い合わせ先 福祉課障害者福祉係☎(36)3135FAX(36)5856

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です